おうし座流星群2015年は11月上旬がピーク|見える時間と方角について

10月中旬から11月末にかけてはおうし座流星群を観測するチャンスです。

美しい火球が観れることでも知られていますが、2015年は例年より火球が多いとも予想されているので楽しみが膨らみますね。

ちなみに火球とは「どの惑星よりも明るい流星」を指しています。-4等級より明るい流星のことです。

おうし座流星群2015年は11月上旬がピーク

おうし座流星群ですが、そのピークは10月~11月です。

そのなかでも流星が最も多く現れる”極大日”は、南群・北群それぞれ11月6日・13日と予測されています。2度も訪れるのは非常に嬉しいですね。これは見逃せないところ。

 

おうし座流星群は流星がゆっくりと流れます。また流星の色はオレンジ系の色が多くなっており、非常に美しいです。

ただ、あまり数は多くないです。南群、北群ともに1時間に10個程度ですね。しかし秋は年間を通して最も多くの流星が観測できる季節なので、おうし座流星群以外にも流星が観られます。この機会に外に出て、流星観測をしてみるのもいいでしょう。

おうし座流星群は南群のピークが11月6日、北群のピークが11月13日とされています。

とはいえ、11月上旬~11月中ごろは非常に見やすいので特にピークを狙う必要もないでしょう。それよりも天気がいい日を見計らって観測を行うほうがいいでしょう。また、花火などの明るい行事がない日がいいでしょう。

新月が重なる日は月明かりに阻まれることなく観測できます。

ピークと新月が重なる「11月12日~14日」辺りは非常に見どころでしょう。

スポンサードリンク

方角と時間について

さて、方角と時間についてです。

おうし座の現れるのは”東の方向”です。おうし座は、冬の星座でお馴染みのオリオン座の右上にあるのでとても見つけやすいです。オリオン座を探し、その右上と覚えていただければ大丈夫です。

aaaaaaaaaaa

このような感じですね。簡単に場所がわかるのは有難いところです。

そして、次は時間に関してです。

国立天文台の情報によりますと、最も観測しやすくなるのは21時頃からです。夜ならば綺麗に見ることができるので、時間とすれば「21時~明け方まで」となります。夜の間はチャンスで、晴れている日を狙いましょう。

場所についてはどこでも大丈夫ですが、静かで灯りの少ない場所で観測するのがオススメです。

肉眼でも十分に観測可能なので、準備としては厚着だけで十分といえます。11月の夜間は寒いので、しっかりと厚着をして観測に出かけましょう。風邪を引かないように注意してください。

流れ星なので願い事を願ってみてもいいでしょうね♪

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る