ぼっち充ってなに?ぼっち男子&ぼっち女子が増えている理由を考えてみた

最近”ぼっち”という言葉をあちこちで見かけます。

これは「ひとりぼっち」という言葉の略称です。友達がいない自分と友だちがいる他人を比べて卑屈になるという意味で、一人でいることを後向きに捉えている言葉ですね。

自虐的に使う人もよく見かけます。

ぼっち充ってなに?

あまり聞かない言葉ですが、徐々に浸透しています。

この”ぼっち充”ですが、これは「ぼっちでも充実している」という言葉の略です。

要するに1人でいることを満喫しているということですね。TwitterなどのSNSが浸透し、毎日毎時間毎秒人と繋がっている感覚があるせいか、最近では「ひとりでいる」ことに寂しさを感じない人が増えています。

恋人がいなくても、友達といなくても、ひとりで楽しめるようになりましたね。

動画サイトでコメントなどを見てニヤニヤしている、オンラインゲーム&スマホゲームで繋がっているから充実している、仕事や学校で忙しすぎるので1人でいることが落ち着く。

1人でも充実した生活を送っている人が”ぼっち充”です。

最近になって若者を中心に増加しています。ただ、SNSを通じて繋がっているので正確には”ぼっちだけどぼっちじゃない”という難しい表現の仕方が適切でしょうか。

スポンサードリンク

ぼっち男子とぼっち女子の増加

この”ぼっち”という言葉をメディアなどで聞く機会が多くなっています。巷では「ぼっち男子、ぼっち女子、ぼっち飯、ぼっち学生、ぼっち社員」という言葉が溢れています。

この背景にはどういった理由があるのでしょうか。

これは意識の差ですね。仲良くしている集団を見た時の反応ですが、ある大学で調査をしたところ「仲のいい集団が気持ち悪い」と答えた人が9割という結果でした。コミュニケーションが面倒くさいと思っている方も多数おり、こういった感想を持つ人が増えていることが”ぼっち増加”に拍車をかけているようです。

2つ目の理由として、個人的には少子高齢化などを挙げてみたいです。

子供の数が少ないので近所の子供と遊ぶ、ということが減少したように思います。

幼い頃に同年代の子供と楽しく遊んだという記憶がないことが面倒くさいと思わせる一因になったのではないでしょうか。まあ、これはあくまでも個人的なことなので間違っているかもですが。

ただ、全員がそういったわけではないですね。

レンタルフレンドというサービスができました。「レンタル彼氏、レンタル彼女」に続いて注目されているサービスで、お金を払って友達をレンタルするというものです。

ねねねの感想

友達をレンタルする時代ですか。

これはちょっと個人的に想像していなかったことなので、凄い世界になっていると思いました。レンタルしたフレンドは果たして本当に「友達」なのでしょうかね(苦笑)

まあ、1人で映画に行くのが寂しいから一緒に行こうということなのでしょうか。

納得するのは難しいですが、どうにか納得したいと思います。

どうせ”ぼっち”な生活なら”ぼっち充”になりたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る