アイルランドで同性婚の国民投票で賛成される見通し!日本にも余波はある?

アイルランドの”同性婚の法制化”の国民投票が行われています。

これは日本だけでなく世界的な注目を集めています。

賛成する票が多数で可決される見通しです。日本時間で24日午前1時時点で、賛成約6割となっています。

 

国民投票で賛成される見通し

アイルランドで5月22日、同性婚を認める憲法改正の賛否を問う国民投票が行われました。

こちらの投票ですが賛成多数となれば、アイルランドは国民投票で同性婚を採用する初めての国となります。現地時間の23日朝から開票が始まり、同日中に結果が判明する見通しとなっています。

上記でもお伝えしたとおり、賛成多数です。

同性婚について国民投票が行われるのは世界初のことです。可決されたら今後は同性婚のための法律整備が行われ、夏には同性婚が現実のものになりそうです。同性カップルに法律婚の権利が与えられる。ただ、教会で結婚することはできない。

国民の約85%がカトリック教徒のアイルランドでは、男女間の結婚以外は罪だとするカトリック教会が社会の中心となってきました。

ちなみに同性婚は1993年まで犯罪行為でした。

犯罪からの変化ということもあり、可決された場合はどのように変化していくのか世界が熱視線を送ることでしょう。

スポンサードリンク

日本にも余波が?

日本にも若干の余波があるのでしょう。

アイルランドで賛成されたら多くの国が「自国でも」と考えることでしょう。世界中の同性愛者がこぞって声をあげることは間違いないですね。いろいろな国で運動が加速するでしょう。

日本でも”同性婚を可能に”と運動が起こる可能性がありますね。

昨今の日本は同性婚でなにかと話題になっていますし、渋谷区のパートナー制度で同性愛者が勢いに乗っています。アイルランドで賛成された場合は動き出すことが予見できますね。

国民投票になるかは不明ですが、メディアに取り上げられて波紋を広げていくことまで予想できます。その後についてはちょっと想像ができないです。

しかし仮に日本でその気運が高まっても「憲法改正」までするのかは疑問なところです。

アイルランドもよく踏み切ったと思います。

まだ結果は不明ですが、今後は目が離せない話題となりそうです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る