アベノミクスは「成功?」それとも「失敗?」意見を聞いてみた~成功意見編~

安倍首相が総理大臣になってから掲げたアベノミクス。

2016年になり、その成否が問われています。

今回は10人の方にアベノミクスが成功したのか、それとも失敗したのか意見をうかがいました。世間の声から察するに失敗の声が大きいだろうと考えていましたが、その内訳は「成功(一部成功を含む)4人、失敗5人、判断できない1人」というものでした。これはちょっと意外でした。

今回はその中でも成功と答えた4人、そして判断できないという意見を紹介します。

アベノミクスはマクロ経済的には成功だと思います

アベノミクスが始まる前は、株価は低迷していて、為替も円高に傾いていました。

企業の業績も芳しくなく、間違っても日本経済が好調とは言えません。しかしアベノミクスが始まってからは、株価が堅調に高くなって行き、為替も円安に傾き始めました。それによって輸出企業の業績が好調となり、日本経済が力を取り戻したと考えられます。

ですからマクロ経済的に見れば、アベノミクスは成功であると断言できます。

ただ中小零細企業や国民から見れば、アベノミクスが成功とは言えない様な気がするのです。

大企業の業績が良くなっても、中小零細企業の業績は良くならず、労働者の賃金もあくまでも一部の人でしか増えていません。全ての人がアベノミクスの恩恵を感じられる事は、今後もない様な気がします。

結果だけをみるならばアベノミクスは成功したのではないだろうか

アベノミクスが今一成功したのか、それとも失敗だったのか一般人には良く分かっていない人が多いです。

その理由は、消費税が上がったりして生活費や教育費等が改善される前の消費税だった頃に比べたら、全体的に出費が多くなってしまっている事でアベノミクスの事を良く理解出来ない人が多いのが理由だと思います。

けれど、景気が徐々に回復していると言う話を良く聞くので成功しているのではないかと考えます。

ただ、景気が回復していると言っても、それは企業での話であり、一般家庭においてはその実感が得られないのが問題です。消費税が以前の様に安くなったり、企業が支払ってくれる給料が上がりさえすれば、アベノミクスが成功したと実感する事が出来ると思います。

また、聞いた話では成功した事でとある業界では従業員不足に悩まされていて、常に従業員の募集を行っていると言う話です。

これも、アベノミクスの効果によるものです。

と言う事で、徐々にではありますが成功している実感が持てる様になってくると思います。

失敗か成功か強いて言えば成功

アベノミクスが成功か失敗かを考えると、どちらかといえば成功でしょう。

しかし、いずれにしてもアベノミクスはまだ終わっていません。終わっていなのですから、成功か失敗かの最終判断も、これから下されるのです。

あくまでも現時点での経過ですが、アベノミクスは確かに大企業を中心とした景気回復には貢献したと言えます。しかしその一方で、中小零細企業にとっては明確な効果は現れてはいないようです。

もちろん、これから効果が現れるのかもしれませんので、まだ「失敗した」と結論付けるのは早いと思います。

アベノミクス以外に効果的対策は見当たりませんので、もうしばらくはアベノミクスを継続すべきだと思います。今すぐ止めなければならない理由は見当たりません。

アベノミクスはある程度は成功しています

世間ではアベノミクスを糾弾している記事が目につきますが、それではアベノミクスがはじまる前の経済はどうだったかを思い出せば、成功していると答えざるを得ません。民主党時代は日銀や財務省の主導のもと、財政削減にひたすら進み市場に流通する紙幣は緊縮され、円高がひたすら進行しました。
日本経済を先導する、輸出企業の多くは生産拠点を海外に移し、国内での製造業の雇用は減りました。公共事業も凍結は続き、失業者は増大、この時期に海外企業に世界市場のシェアを大きく奪われました。私自身もこの不況で会社を辞めざるを得ませんでした。
円高が進行して恩恵を受けた人は、富裕層や大企業や公務員の年金生活者ぐらいしかいないでしょう。若者の雇用機会は奪われ、正社員として就職することはますます難しくなりました。
アベノミクスはとりあえず、この負のサイクルを断ち切ることにはある程度の成果をもたらしたと思います。若者の雇用機会は確かに増えました。人手不足の業界も増えつつあります。
あとは、この後に続く日本の成長に向けて従来の与党VS野党の古臭い構図を超越した強力な政治システムで好景気を維持しながら財政再建を改善させる正念場にかかっていることを、もっとマスコミもきちんと自らの頭で考えて報道してほしいと思います。
このチャンスを逃せば日本の将来は無い気さえします。

スポンサードリンク

判断できないという意見

続いては判断が難しいという意見についてです。

確かに判断するのは難しいかもしれないですね。まだすべての結果が出たわけではないので、判断は早計というのもうなづけます。

政府が可能な政策としてはアベノミクスは正しいと思う

アベノミクスが成功か失敗かと言う判断は、個人によって差が生じる所でしょう。

アベノミクスが最終的に目標としていた物価上昇率2%で、デフレ経済から完全に脱却する事は達成できていません。

この点から、失敗だと言う人や評論家も多いでしょうが、政府が取れる政策として、それでは他に何があるのでしょうか。金融緩和や規制緩和で、企業が自由に活動できる環境を作り、最後の仕上げは企業のマインドと活動施策に掛かっているのです。

少なくとも、長らくの沈滞ムードから浮上できるのではと言う期待を持てた事は、明るい兆しと考えるべきでしょう。この意味で、政府が行える政策方向性としてはしごく当たり前の政策を着実に推進した事は評価でき、長くこうした政策を実行できなかった民進党内の旧民主党に失敗だと言う資格はないと思います。

政府としては安倍政権は他の政権と比較すれば合格点を与える事が出来るでしょう。アベノミクスを失敗だと批判する政党や評論家は、しからばどうすべきなのかの代案を提示すべきでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2016年 7月 04日

    一部の人しか利益ないんじゃ意味ないじゃん

    • 匿名
    • 2016年 7月 08日

    参議院選が始まり組合が応援してる民進党候補者の応援演説聞いてきたけど、「アベノミクスは失敗です」という言葉の違和感がある。応援に駆り出された数百人の組合員は輸出系の製造業で働いていて、円安誘導でボーナスは過去最高、基本給も上がってきてる。結果を得ている組合員の前で、それを否定して演説してる候補者は結局組合員なんか観てないんだろうな

    • 匿名
    • 2016年 9月 17日

    「終わってないから成功したか失敗したかわからない」って…
    あと何年待てばいいというのか。10年?100年??

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る