キラキラネームに肯定or否定の意見を聞いてみた~肯定意見編~

LINEで送る
Pocket

昨今話題のキラキラネーム。

反対否定意見編はこちら

就職やイジメにもつながると懸念されていますが、実際にはどうなのでしょうかね。

今回はキラキラネームに肯定派か否定派か意見をうかがいました。その内訳は「肯定派3名、否定派7名」となりました。否定派が多いですね。ちなみに伺ったのは親世代の30~50代の男女です。

では、肯定派3名の意見を紹介します。

キラキラネームに賛成です

私はキラキラネームに賛成します。

統計を自分でとったわけでも参照したわけでもないので独断と偏見になりますが、キラキラネームに対して否定的な人たちの意見で最もあり得そうなのが「子どもには親から付けられたキラキラネームを拒否する権利がないから」といったところだと認識しています。

キラキラネームのせいで入学や入社の書類選考段階で不利になるかもしれないというハンディを敢えて子どもに背負わせる必要が果たしてあるのか、という意見はご最もだと思います。

しかし、生まれつき太っているとか痩せているとか肌の色が違うとか目の色が違う等と同じくキラキラネームも親のDNAのもたらした個性だと考えいます。

それを受け入れてくれない社会があるなら、受け入れてくれる社会を探してもっと広い視野を持って生きていけばいいだけではないかと私は思います。

スポンサードリンク

キラキラネームには賛成

私は、自分の子どもにキラキラネームをつけたいかどうかは別として、キラキラネームの存在自体には賛成です。

名前には、それぞれの時代の流行りが現れています。

昔、女の人の名前がヨネなどカタカナであったように、それから○○子ちゃんと最後に子がつく名前になったり、男の人は○太郎とか○三郎なんて時代もありました。

当時は何の違和感もなくつけられていた名前なのでしょうが、今となってはどうして女の子の名前には最後に子ってつく名前が多いの?

と思う人や子どももいるでしょう。キラキラネームに違和感を感じないと言えば嘘になりますし、いまだに受け入れられない部分もあります。

正直、何でこの漢字を使ってこんな風に読むのかわからないとか、将来成人してからもこの子はこの名前でいいのだろうかと心配になったりします。でもそれはその子の親が決めたことですし、キラキラネーム世代の子どもたちの名前がみんなそんな感じの名前ならば、時間が経てば経つほど違和感がなくなっていくものなのかもしれないと思います。

私たちの世代の名前は昔キラキラネームなんて呼ばれてたらしいよ、とキラキラネームの子たちが言える時代がくるのではないでしょうか。

いっそカタカナ表記にしたら

どんな名前をつけようと親の勝手だと思います。

とはいえ、漢字をどう読んでいいのかわからない名前ばかりです。学校の先生や病院などでは苦労していると聞きます。

例えば”ルナ”とか”コスモ”とかの名前を付けるなら、当て字で漢字表記にせず、カタカナ表記するよう義務付けてほしいです。ふた昔ほど前は、「『宇宙』と書いて『コスモ』と読みます」と届けを出そうとしたら、市役所の窓口で「どの字が『コ』でどの字が「スモ」ですか?」と切り返され、却下されたという話です。

何らかの規則を作らない限り、とどまるところを知らないように思います。

個人的にキラキラネームを子供に付けたいとは考えていないのですが、それでも名前を付ける権利は親にあるので他人がどうこう言っていい案件ではないですね。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る