ギャラクシーノート7の生産中止発表|サムスン倒産の可能性について

LINEで送る
Pocket

サムスンが大苦戦しています。

韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の交換機種の生産を停止しました。この「ギャラクシーノート7」はリチウムイオン電池が発火する事故が相次いでいます。

サムスンはこの発火&爆破騒動を受けて生産を中止しました。

ギャラクシー7の生産中止発表

10月11日にサムスンはギャラクシーノート7の生産を中止しました。

2016年8月に発火があり、交換の対処をしていました。しかしその後トラブルは収まらずここにきて中止しました。

この発火の原因についてもわかっていないのが現状です。

ギャラクシーノート7が8月19日に発売された当初は爆発的な人気で、予約に追いつかないほどでした。その後も着々と顧客を集めていきました。

しかし、8月末に”バッテリー充電中に爆発した”という報道がされました。

9月~10月に騒ぎも拡大していきました。アメリカの空港内で発火し騒ぎとなり、10月4日に製品が発火しその煙を吸い込み気管支炎で入院した患者がいることが報告されました。この報告が大きな転換期となったでしょう。

10月11日にサムスン電子は全世界で販売と交換を一時停止すると発表し、サムスン電子はユーザーに対して、スマートフォンの電源を切り使用しないよう呼びかけています。

スポンサードリンク

倒産の可能性について

今回の騒動は世界中に広がっていきました。

サムスンとしては致命傷になりかねないですね。というのも初期段階のトラブルで修正し、交換していました。それでもトラブルが起こっていたので今回のような事態になりました。

トラブルの損失費用は約7000億ウォン程度と推定されている。

日本円で約650億円になると見込まれています。9月の時点で株価が大暴落しており、今回の騒動によって米国市場からの信頼も失っています。今後の顧客離れも確実ですので、倒産の可能性を指摘されるのも当然でしょう。

関係者は生産の一時停止について「世界各国の消費者の安全を考慮した措置だ」と説明しているようで、生産再開の見通しなど詳細は不明とのこと。つまり、永久に生産を中止する可能性もあるというわけです。

実際問題、これは非常に倒産可能性が高いと言わざるを得ないでしょう。

発火&爆破問題では巨大な賠償金も発生しており、サムスンにとっては大打撃となりました。倒産の可能性も十分にあるといえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る