クリスマスにチキンを食べるのはどうして?何故日本で広まったの?

LINEで送る
Pocket

クリスマスと言えば浮かぶものがいくつもあります。

その中で注目したいのは「チキン」です。

クリスマスと言えば七面鳥を食べる風習がありますね。七面鳥とまでは行かずともチキンを食べる家庭は多くあるでしょう。何故クリスマスにチキンを食べるのでしょうか?

クリスマスに鶏肉を食べる風習

クリスマスという風習についてですが、こちらは明治時代にアメリカからクリスマスが伝わったと言われています。

クリスマスのチキンの起源はアメリカの移住民が始まりです。

移住民達は土地の開拓をはじめたのですが、これがあまり芳しくなく苦労が絶えませんでした。先住民達が気の毒に思い移住民達に飢えをしのぐ為に野生の七面鳥を提供してくれたことが始まりです。

野生の七面鳥で助かったことから、特別な日に七面鳥の丸焼きを食べることになりました。

当時は鶏肉よりも七面鳥の方が安価だった事もあり、日本で広がっていきました。

そこからは様々な動きがありましたが、日本でもクリスマスには”鳥肉”を食べる習慣が根付きました。

スポンサードリンク

チキンを食べるようになったのは?

このままでは七面鳥では?

日本では七面鳥よりも「チキン」のほうが有名ですよね。アメリカの定番である七面鳥は日本に生息していなかったので、日本で流行しませんでした。そこで、七面鳥の代わりが鶏になったのは仕方のない事だったようですね。

昭和初期のクリスマスでは『ローストチキン』が定番になっていたようです。

転機となったのは1970年代クリスマスです。KFC青山店に外国人から「サンタの格好をしてフライドチキンをデリバリーしてくれ」というオーダーがあり、それが発端となってKFCの「クリスマスにはチキン」という宣伝が始まりました。

ありがちな企業の宣伝から流行ですね(笑)

KFCの宣伝によって「クリスマスにはチキン」という風潮は一気に広まっていきました。現在では日本人の多くがクリスマスにはKFCやローストチキンなどを食べるようになりました。

ちなみに海外ではチキンを食べるわけではなく、国によって様々です。

アメリカ・・・・・七面鳥

フランス・・・・・ウサギ

スウェーデン・・・鮭、鱈

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る