コーヒーがダイエットに効果を発揮する?健康以外にも役立つ魅力的な飲料!

LINEで送る
Pocket

今回は”コーヒー”に焦点を当てましょう。

最近コンビニでも安くて本格的なコーヒーが飲めるようになり、より身近な存在になりましたよね。中には1日に何杯も飲む人、1日1杯は飲まないと落ち着かない、朝食にはコーヒーが欠かせないなど、毎日のように飲む人も少なくないでしょう。

健康に良いとか悪いとか言われていますが、今回は健康では”ダイエット”に関する情報です。

今回はその効果に詳しい方にお話を伺いました。

 

ダイエット効果はあるの?

コーヒー自体のイメージはどうでしょう?

カフェインが含まれているので妊婦さんは飲まない方が良い、寝る前に飲むと眠れなくなるなど、マイナスなイメージが結構多いです。

しかし、実はコーヒーにはダイエット効果が期待できるんです。

まず、コーヒーにはカフェインのほかにポリフェノールが含まれていますよね。このポリフェノールにはクロロゲン酸というものが含まれていて、最近注目されていますね。クロロゲン酸がなぜ注目されているのかというと、細胞内にある燃焼期間「ミトコンドリア」に取り込まれる脂質をふやす効果があることが分かりました。

”ミトコンドリア”に取り込まれるという事は、体内の脂質が減るという事になるのです。

体内の脂質が減れば、おのずとダイエットにつながるという訳ですね。

そして、もう一つダイエットにつながる効果というのがカフェインの存在です。カフェインの効果の一つとして、交感神経を活発にするというものがあります。よく、食欲を抑えきれずに必要以上に食べてしまう人っていますよね。

いわゆる過剰な食事というのが太る原因になっている人もいます。

過剰な食事をセーブできるのが交感神経です。食事前にコーヒーを飲むことで過剰な食欲を抑えることができ、つまりはダイエットにつながるというのです。他にも、コーヒーに含まれるポリフェノールには動脈硬化を引き起こす悪玉コレステロールを減らす効果が期待できます。

そのわけは、ポリフェノールには活性酸素を取り除く効果があるからです。

動脈硬化は悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化することで起こりやすくなるので、コーヒーを飲むことで悪玉コレステロールの参加を防ぐことが出来ます。

このように普段何気なく飲んでいるコーヒーにはダイエット効果や動脈硬化を防ぐ効果など様々な効果が期待できます。もちろん飲み過ぎは良くありませんが、1日に3~4杯くらい飲むと他にも様々な健康効果が期待できるようなので、普段からコーヒーを飲んでいる人は是非目安にしてみてください。

スポンサードリンク

ねねねの感想

健康にいいと囁かれ始めているコーヒーにダイエット効果ですか。

これは魅力的ですね。

最近では女性も飲むことが多く、コンビニなどで気軽に買えるようになったのも嬉しいところです。

ただし、飲みすぎには注意してください。毎日過剰摂取していると体に様々な悪影響を及ぼすことがあるとすでに判明しています。

飲みすぎると気持ち悪くなりますしね(笑)

適度な量でお楽しみください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る