サラカサノバは無能なのか?日本マクドナルドが空前の危機を迎える

LINEで送る
Pocket

日本マクドナルドが窮地に立たされています。

業績悪化が続く日本マクドナルドホールディングスについて、米本社が約5割を握る保有株の大半を商社や国内外の投資ファンドに売却する方向で打診していることが分かりました。

ざっくりといえば、日本マクドナルドは利益にならないので切り捨てる方針ということですね。

この話がまとまれば、サラ・カサノバ社長などの現経営陣に代わり、株式の譲渡先主導で経営再建を進めることになります。

サラカサノバは無能なのか?

さて、日本マクドナルドですがピンチですね。

その最大の要因となったのは、期限切れ鶏肉使用や異物混入といった食の安全安心に関わる不祥事が続発したことです。これによって消費者からの信頼を失いました。

信頼回復に向け、いろいろなテコ入れをしたものの効果は見込めない状態です。既存店客数は2015年11月までに31カ月連続で前年実績を下回り、客離れに歯止めがかからない状態となっています。同社は、不採算店舗の閉鎖など店舗改革を急ピッチで進め、今年の閉鎖店舗は100店以上となる模様です。

ここで考えたいのが経営陣の手腕です。

サラカサノバ社長が就任してからマクドナルドは良いところなく、テコ入れはむしろ逆効果となっています。新メニューの導入や店づくりは上手くいっておらず、上記である食の安全を揺るがす事件から成果を挙げられていないのが現実です。

しかもその鶏肉事件の際に行われた記者会見でもマイナスの印象がありましたね。

会見でカサノバ社長は「悪意を持った数人の従業員がやったことで、我々は騙された」と自分たちが被害者である訴えをしました。

これは消費者にとって驚きであり、怒りを覚える言葉でしたね。

さらに異物混入の件で謝罪会見を開いた時ですが、社長は不在でした。社長が責任から逃げたと消費者からはバッシングを受けました。2つの会見は明らかに失敗でした。

では、無能だったのか?

結論を出すのは早計なので、続けます。

カサノバ社長は確かに業績を悪化させ続けていますが、マクドナルドの売り上げが落ちていたのは以前の原田社長時代から始まっています。この時から少しずつ業績が悪くなっていったところで社長交代となりました。

そして、その後に鶏肉事件です。

能力云々の前に、タイミングが悪かったというのも確かでしょう。鶏肉事件については誰が社長時代に行われていたとしても大きな話題となり、業績を悪化させたのは確実です。この事件だけで能力の有無を決めるのはナンセンスでしょう。

では、続いて事件後の対応について考えてみましょう。

スポンサードリンク

ホントは有能なのか?

カサノバ社長については「マックの低迷を招いた張本人」などと関係者から言われています。

事件後に業績が悪化した後、カサノバ社長はテコ入れを頑張ります。2015年4月に発表されたものですが、手をかけたのは「約3000ある店舗のうち、今後4年間で2000店を改装する計画」でした。要するに店内をイメージチェンジして、雰囲気のいい店にするということですね。

同時に不採算の131店を閉鎖し、本部社員100人を対象に早期退職を実施する方針を打ち出しました。

これは現在行われている大量閉店がその結果です。

しかし、これは日本国民の理解を全く得られない計画でした。

そもそもイメチェンを望む人は少なく、私たち消費者がマクドナルドに求めているのは”安さ”です。決して外装や内装ではなく、単純に安くて美味しい、それでいて何よりも安全で信頼できるファーストフードを求めている人が大半です。

そう、日本では信用と信頼が全てにおいて優先されます。

テコ入れとして方針を打ち出すのなら「役員などの給料を大幅に減らし、客のニーズに応えた安全安心で低価格の商品を打ち出す」ことでしたね。

こういった観点から考えると”有能”とは言い難いですが・・・

しかし一概に”無能”とも呼べない理由があります。

カサノバ社長は社長就任以前に「チキンタツタ」に「メガマック」などのヒット商品を打ち出しており、商品をヒットさせる能力に関しては間違いなく”有能”です。

結論は難しいところですね。

先に述べた謝罪会見の失敗ですが、これは日本では大失敗ということです。アメリカは訴訟社会で、何かにつけて裁判が行われます。自分の非を認めれば自分は不利になる事から、謝らないのが当たり前と言う習慣が定着しています。

なので、カサノバ社長が述べた「自分たちは被害者」というのも米国では当然の主張といえます。

とはいえ、ここは日本ですからね。日本では素直な謝罪をして、信頼と信用を勝ち取らなければ評価されない国です。郷に入っては郷に従えという言葉もあります。

日本人の国民性が理解できなかったことが業績悪化の最大の原因でしょう。

それらを踏まえて”有能”なのか、あるいは”無能”なのかは各個人の判断になるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る