スズキ燃費不正問題で株が急落、早くも倒産の可能性が噂される

三菱自動車の燃費不正問題。

これを受けて国は各自動車会社に報告をするように指示しました。その中で、スズキが国が定める方法とは別の方法で計測していたことがわかりました。

これは不正と呼べるのか現時点では不明ですが、今後に後を引きそうな問題となりそうです。

スズキ燃費不正問題

三菱自動車による燃費不正問題が発生しました。

これを受けて国土交通省は5月18日までに、他の自動車メーカーにも、燃費のデータに関して不正がなかったのかという報告を求めていました。多くの自動車メーカーが報告する中で、スズキは軽自動車の燃費データを測定する走行試験を、国が定める方法とは異なる方法で行っていたことがわかりました。

国土交通省によると、スズキは燃費データを測定する際に国が定めている「惰行法」と呼ばれる走行試験ではなく、別の異なる方法で試験を行っていたことが判明しています。

ただし、スズキは「燃費の数値に問題はない」と説明しています。

不正をしてデータを改ざんしているわけではなく、別の方法で実験を行っていただけと主張しているわけですね。スズキは報道についてコメントを控えるとしていますが、18日中に記者会見する予定となっています。どういった話をするのか楽しみにしたいところですね。

ただ、こうして2番目のメーカーが出たということが大きいですね。

不正はしていないということですが、別の方法で実験したということは正確なデータが取れていない可能性もあります。今後は国指定の方法を取っていくのでしょうかね。

まあ、メーカーが発表している通りの燃費で走る自動車が実際にあるとは思い難いのですが・・・

この問題は今後さらに大事になっていきそうです。第三者機関などを設けてしっかりと調べていただきたいですね。他の会社でもありそうな気がします。

――――――追記 17時45分―――――――

不正な測定をしていたのは2010年ごろからで、対象は210万台超にのぼることがわかりましたね。スズキは、テストコースが海沿いで風の影響を受けやすく、規定通りの測定が難しかったと説明している。

ただし、改めて規定通りに測定したことも明かしました。生産・販売も続けるとのことです。

該当車種は「アルト」「アルト ラパン」「ワゴンR」「ハスラー」「スペーシア」「エブリイ」「キャリイ」「ジムニー」「ソリオ」「イグニス」「バレーノ」「SX4 S―CROSS」「スイフト」「エスクード2・4」「エスクード」「ジムニーシエラ」

スポンサードリンク

株価急落で早くも倒産の声

問題発生からほどなくして、株式に動きがありました。

5月18日の東京株式市場でスズキの株価が急落しました。車の燃費について法令と異なる方法で試験していたとの報道を受けたことで、スズキ株は一時、前日終値比15%安となりました。

早くも倒産の声が出ています。

さすがにそれは早すぎますね(苦笑)

ただし、現時点では何も言えないところですね。今後さらなる問題の広がりを予想できそうであり、注目していきたいところです。

――――――追記 17時45分―――――――

こちらに関しても追記していきましょう。

スズキは確かに燃費で本来とは異なる方法を使用していましたが、その後の検証では国基準と変化ないことが発表されました。倒産などに関しての可能性は低いでしょう。

ただし、ある程度の影響があると考えられます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る