ストロベリームーンを見る意味は?2016年は6月20日に観測できる

LINEで送る
Pocket

2016年6月20日にストロベリームーンが観測できます。

幸せを呼ぶと言われているこちらのストロベリームーンです。夏至の満月は赤みがかった色が特徴となり、色が由来となって「ストロベリームーン」と呼ばれています。2016年の夏至は6月21日で、その前日の6月20日が満月となります。

どうして赤くなるの?

その疑問ですが、朝日や夕日は赤く見える場合がありますね。月も高度が低いと赤みを帯びて見えます。6月は地平線に近い空を移動するので、6月に見える満月は、夜中でも赤く見えます。

名前の由来について

名前の由来ですが、赤く見えるからというそのままの理由です。

元々はアメリカで呼ばれ出した名前です。ネイティブ・アメリカンが1年のうちに12回現れる満月を季節に応じてそれぞれの満月に名称をつけたことで世の中に広がっていきました。

日本が発祥ならば色から「リンゴ満月」とか「梅干し満月」みたいな感じでしょうかね。特に日本では梅雨もありますし、「梅満月」とか呼ばれる気がします。

ちなみに6月は初夏ですが、イチゴは夏の季語です。初夏の収穫物であるイチゴと6月の満月を結びつけてそう呼ばれています。

海外では地域によっては「ローズムーン」と呼ばれています。

スポンサードリンク

ストロベリームーンを見る意味は?

さて、ストロベリームーンです。

注目を集めるのはその意味合いからです。単純に赤い月だからというのも注目のひとつでしょうが、ストロベリームーンを見ると「幸せになれる」とか「結婚できる」とか「恋人ができる」といわれています。

ちなみにこれはあくまでも噂です。

流れ星くらいの感覚で信じてみるのもいいでしょう。

ただ、完全に噂とは言い切れない部分もあります。ストロベリームーンは非常に美しい現状です。

94f11_103_73cce91caa2abb517c09c9f633de5873

※http://news.livedoor.com/article/detail/8940872/※

この月を眺めることをきっかけに「ストロベリームーン見に行こう」みたいに誘ってみるのも手でしょう。また、恋人同士なら美しい月を二人きりで見るだけで進展していく可能性も捨てきれないですね。

2016は6月20日に観測できる

このストロベリームーンは夏至に見える満月です。

2016年の夏至は6月21日で。その前日の6月20日がストロベリームーンとなります。星座とは違って方角もないので、空を見上げれば確認できるでしょう。

ただし、雨天の場合には見えないので注意が必要です。

非常に美しいので、建物が少ないところで観測することをオススメします。ただし、夜道には注意が必要です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る