スマホ老眼とは?原因と治療方法について

スマホの流行と共に問題となっているのが目の問題です。

従来の携帯電話に加え、アプリの機能があるスマホはどうしても使用時間が多くなりがちです。その中において現代病のひとつに数えられようとしているのが「スマホ老眼」です。

読売新聞が名付けたこの名前ですが、非常にマトを射ていますね。

今回はこのスマホ老眼について掘り下げてみたいと思います。

スマホ老眼とは?

そもそも老眼というこの言葉ですが、文字通り老人のような瞳ということです。

人間は年齢を重ねることによって近くの物が見えにくくなります。近くの物を見る時には、眼は水晶体の厚みを増加させる「調節」という機能によりピントを合わそうとします。しかし、年齢とともに水晶体は硬くなるので変形しにくくなってしまいます。そのために近くの物が見えなくなっていくことを指します。

スマホ老眼は20代や30代などのスマホを酷使する人間に発生する症状であり、若いのに手元が見にくいといった老眼のような症状に悩む人が増えていることからそう名付けられました。

原因は”目の酷使”ですね。

とはいえ、勘違いして欲しくのはスマホの割合が多いだけです。スマホだけがすべての原因というわけではないということは覚えておきましょう。あくまでスマホを使う世代が多く、スマホが原因となることが多いから命名されました。

老眼の初期症状のような悩みを抱える若者の数は数年前に比べて倍以上増えています。視力自体にはそれほどの影響はないのですが、ピント調節がスムーズに行えないのが特徴といえるでしょう。近くを見続けるなどすると筋肉が凝って、ピント調節ができなくなるなります。本物の老眼とはちょっと違い症状は一時的なことが多いですが、重症になるとピントが固定され本当の老眼のようになってしまいます。医学的には”調節緊張”と呼ばれる症状です。

スポンサードリンク

スマホ老眼の治療について

治療というか、対応策は非常に簡単です。

こまめに休憩してください。

体を休ませるわけではなく、目を休ませてください。パソコンやスマホを1時間続けたら10~15分休み、遠くの景色をながめることが効果的です。これはテレビゲームなどでも同じで、長時間連続して画面を凝視することは目にとって非常に悪いことです。

他にも蒸気で目を温めると、疲れを取る効果があります。

ただし、これはあくまでも対応策です。

治療についてですが、重症化したら病院に直行です。

心がけることはスマホを使用してアプリをする際はたまにでいいので外を眺めてください。それだけで症状を緩和する効果があります。

 

ねねねの感想

現代病といえるでしょう。

スマホにパソコンの連続使用は目に負担が掛かるので、気を付けてください。でも、アプリは確かに長期間使ってしまいますよね。アプリゲームでイベントなどをしているとあっという間に数時間ということも多いです。

皆様もこまめに休憩を入れてください。

取り返しのつかないことにならないように気を付けたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る