ソーシャルゲームのガチャ規制が4月に開始!

早いもので2月となりましたね。今年は暖冬だったのですが、たまに信じられないくらい寒い日があって困りました。

さて、大流行のソーシャルゲームですが、その闇の部分が少しずつ明らかになってきましたね。

10万円課金しても狙ったキャラが出て来ないなど以前から闇について触れられていましたが、某アプリの記事がyahooトップを飾ったことで加速度的に問題が浮上してきました。

その結果としてはガチャが2016年4月から規制されることになりました。

ソーシャルゲームのガチャ規制が4月から開始

このガチャ規制についてです。

昨今では様々なソーシャルゲーム(アプリ)が出ていますね。その数は非常に多く、2010年~現在はまさに黄金時代といえるでしょう。その中には質を度外視してただただ機械的に作られたようなものが多数あります。集金目的と言われても仕方がないゲームも多々存在します。

さて、総じてソーシャルゲームに言えるのが”ガチャ”の存在です。

ガチャというのはゲームの中で、レアリティの高いキャラクターを召喚できるというものです。ガチャでしか入手できなかったり、期間限定なキャラクターがいたり、ソーシャルゲームの目玉ともいえます。

流行が始まってからしばらくしてある問題が続出しました。

子供が大量に課金してしまうという事態です。その中には数百万以上に上る事例もありました。このため、2012年にはコンプガチャ規制というものが入りましたね。

規制が入ったものの抜本的な解決には至らず、その後もガチャ関連で様々な問題に直面していきます。2015年~2016年初旬にかけてある人気アプリでガチャに関する話題が上がりました。いくら課金をしてガチャを回してもお目当てのキャラクターが出現せず、意図的に絞っているという報道です。これによって、ついに新しい規制となります。

とはいえ、この新規制についてはまだ弱いですが。

2016年4月から入る規制は2つです。

1.ガチャは確率を明記すること

2.違反した場合は罰金(返金した場合は軽くなる)

簡単に言えばこの2つです。

規制というには甘いですが、今後増えて行く可能性も十分にあります。

スポンサードリンク

ソシャゲの闇は深い

実はこのガチャ規制についてはいろいろな声が出ています。

その中でも内部告発が非常に多くなっています。

ここから先は真実か不明なので曖昧にしておきたいところですが、実は「ソーシャルゲームでは課金額に応じて排出を抑えている」というものがあるようです。無論、すべてというわけではないですが。

こういった内容の内部告発があり、ソーシャルゲームの闇の部分が少しずつ露呈しています。しっかりとしたガイドラインがなかったことも間違った方向に向かっていった理由のひとつでしょう。業界にはきっちりとした決まり事を作成してほしいですね。

ソーシャルゲームの天下も長くないかもしれないですね。

ただ、今回のことをきっかけに業界全体には是正をして、国民が楽しめにものに変わって行ってほしいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • ^_^
    • 2016年 2月 18日

    この規制は11月から決まっていた事なので例のアプリの正月ガチャは関係ありません

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る