デング熱は2015年も猛威を振るう?デング熱を注意する時期はいつ?

今回はデング熱についてです。

2014年の日本列島はこの”デング熱”に大騒ぎでしたね。芸能人の方が感染したことでも話題でした。

触れたくはないのですが、2015年のデング熱はどうなっていくのでしょうか。出来れば流行ってほしくないのですが、昨年のこともあるので完全には無視できないでしょう。

 

デング熱は2015年に流行する?

デング熱に関してですが、すでにブラジルで猛威を振るっています。地域内流行レベルに流行しているとされ、その流行はサッカーにも影響を及ぼしているとのことです。

問題は日本に入ってくるか、ですね。

 2014年には約70年ぶりに国内感染が確認され、大流行しましたね。

デング熱は感染すると、数日間は高熱が出てます。さらに頭痛や目の痛みを伴うこともあります。重症化することはまれですが、重症化すると最悪のケースもあります。

絶対に流行してほしくないところ。

普通に考えれば70年ぶりに流行したので、連続で感染するとは考えにくいですよね。

実際、その見方が強いでしょう。

昨年も流行したのはその多くが代々木公園でした。海外に行った誰かがデング熱ウイルスを持ち帰ってきたから流行したのでしょう。昨年のこともあり、国民も警戒しているので流行する可能性は低いと思います。

スポンサードリンク

 

流行するなら時期はいつ?

ご存じの方も多いでしょうが、デング熱の原因は””ですね。

その中でも「ヒトスジシマカ」がこれに該当します。

ヒトスジシマカについて触れましょう。この蚊は「日中、屋外での活動性が高く、活動範囲は50~100メートル程度。国内の活動時期は概ね5月中旬~10月下旬頃」となっています。日本にも数多く存在している蚊です。

つまりこの活動時期と、デング熱の流行が被るわけですね。

日本でデング熱が流行する可能性があるとした”5月から10月”です。

とにかく蚊に注意しましょう。虫よけスプレーを使うなどして、外出する際には蚊に刺されないよう対策をすることが求められます。

 

ねねねの個人的な感想

絶対に流行してほしくないですね。

東京都では4月現在ですでに対策を取り始めたようです。昨年の教訓を活かしているといったところでしょうか。

今年は話題にならずに終了してほしいですね。デング熱だけじゃなく、エボラ出血熱とかの名前も聞きたくないところですね。

しかし、警戒することは重要ですね。

現在はブラジルで流行中とのことなので、ブラジルにこれから行かれる方などは注意してください。1人が感染したら国民全体に感染する可能性がありますからね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る