ドローン規制に賛成派と反対派の意見を聞いてみた|反対派の意見編

注目を集めているドローンについてです。

首相官邸に落下してからというもの、至るところで「ドローン」に関する話題を聞くようになりました。しかしその内容はあまり嬉しいものではなく、迷惑という報道が多かったですね。

そこで今回は10人の方に話をうかがいました。

内容は「ドローンを規制することに賛成か、反対か」です。

10人の方に聞くと規制するべきと答えた人が「7人」で、規制には反対と答えた人が「2人」、さらに1人はどちらともいえないと返答してくれました。今回は”反対と答えた2人と、どちらとも言えないと答えた1人”の意見となります。

 

ドローンを規制しすぎるのは良くないと思います

最近ドローンによる不祥事が多数取り上げてしまわれている事により、規制の動きが強くなってしまっています。

しかし以前からドローンは、上空からカメラの撮影が気軽にできると言う事から、個人からテレビ局まで幅広く利用されてきました。ですからドローンの悪い点ばかりを、クローズアップしないで欲しいと思います。

ドローンは利用の仕方によって、私たちに様々な利益を生んでくれる事が出来るものなのです。

それをがんじがらめな規制をしてしまっては、ドローンの明るい未来を閉ざしてしまう事になりかねないのです。この世の物はどんなものであれ、良い所もあれば悪い所もあるのですから、ドローンも悪い所ばかりに着目しないで、広い視野で多くの人に見てほしいと思います。

 

スポンサードリンク

ドローンのある風景

難しいですが、ただ単純に「ドローンを無条件で規制する」のは反対ですかね。

とある番組で史跡をドローンを使って撮影していた映像をみて物凄く感動しました。

教科書の写真でしか見たことのない史跡だったのですが常識がくるっとひっくり返る気分がしました。劇場で道を間違えて楽屋裏をみてしまったような。

ただ、みんながこぞって史跡を撮影するようになってしまって、史跡のまわりをブンブンと何十体ものドローンが飛び回る風景はあまり想像したくないですね。

ですので、この先一般に普及していくとすれば何か基本的なルールみたいなのは必要になってくるのではないでしょうか。

ニュースで話題になるような悪い使い方をしてる人はごく稀な一部の人だけだと思います。仮に法を整備するにしても、道具そのものは悪じゃなくて悪用する人が悪であるということ忘れず、慎重に見極めていってほしいです。

 

そもそもなんのためのドローン?

賛成とも反対ともいえないです。

先日の官邸の事件以来、世間ではドローン規制の声が大きくなっているように感じます。

私は最先端の技術的なものやことに疎いので「ふーん」という具合に日々のニュースを静観しております。私なんかは「これは本当に役に立つの?」というような疑問を抱いてしまいます。普段カメラが入れないような場所での調査研究、見たこともない視点からの刺激的なエンターテイメント的な映像。

でもそれってある程度の時期がすぎるとドローンは必要なくなるんじゃないのかな。

某巨大通販サイトが商品の宅配に使う構想があるって言ってたけど、トラブルだらけの未来しかみえない。小学生が興味でサッカーボールぶつけるとかね。ただ、規制といっても何をどう規制するのかなと思ってしまいます。

私有地などを勝手に飛んでたら撃ち落とすシステムがあればいいのかな?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る