ドローン規制に賛成派と反対派の意見を聞いてみた|賛成派の意見編

こちらは前回の記事の続きとなります。

ドローン規制について「賛成か、反対か」を10人の方にうかがいました。今回はドローン規制に賛成と答えた7人の方の意見を紹介していきたいと思います。

ドローン規制は必要だと思います

最近の一連の報道を見ていると、ドローンの規制は必要だと思います。

もし誰もが自由にドローンを飛ばせるということになると、良からぬ目的で利用する者が現れても、法律の範囲内で行動する限りはどうしても取り締まることができません。

風景を撮影するふりをして他人のプライバシーを侵害したり、機密情報を入手しようとする者は少なからずいるはずです。

私が危惧するのは、ここ数年相次いでいる国内主要観光地の世界遺産への登録によってドローンを利用する人が爆発的に増えるのではないかということです。人が大勢集まる場所で落下事故が起きるとケガのもとですし、施設の破損にもつながります。

更には最悪の場合、テロリストが兵器として利用することも考えられなくはないので、ドローンの使用を登録制か許可制にして、身元の明らかな使用者には免許証を持たせるといった対策が必要ではないかと考えます。

原発の事故現場など危険な場所では威力を発揮するドローンですが、一歩使い方を誤ると大惨事を引き起こしかねませんので、やはり規制すべきだと思います。

模倣犯が怖い

私はドローンの規制に賛成です。

何故なら、必ず模倣犯が現れるからです。

しかしながら、頭ごなしに規制では臭いものにフタをするだけであり、根本的な解決には至らないでしょう。ですので、ここは妥協案で許可制にすればいいのではないでしょうか。

昨今の報道でドローンは悪魔の道具のように見做されますが、使い方さえ適正であれば非常に便利な道具であります。何か問題が発生したから一方的に禁止ではなく、何が問題なのかを明確にして考えていく必要が立法機関にも、我々消費者にもあるのではないでしょうか。

ドローンは厳しく規制すべき

官邸でのドローンの騒ぎでようやく規制に向けて動き出しましたが、平和ボケしたこの国にとってはいい薬となったのではないでしょうか。

それでも今出ている案では不十分ですし刑罰自体も軽すぎます。

元々ドローンを成長していく市場と思っていたから仕方ないのでしょうし、これから先問題があるたびに修正されていくのでしょうが、それにしても甘すぎると言えるでしょう。

車と同じで最低限登録するようにした上で免許制にすればいいのでしょうが、それには時間がかかるでしょう。

飛ばす人にとっては規制して欲しくはないでしょうが、飛ばさない人にとっては百害あって一理無しなのは言うまでもありません。だからこそ自由にさせすぎるのは問題でしょうし、ドローンの規制には賛成です。

危険性を甘く見る人の多さ

ドローンの規制について色々議論が巻き起こっているのは、正直「遅まきながら」というものを非常に強く感じます。従来のラジコンと同じマニュアル操縦のみならず、完全な自動操縦で飛ばす事もできる小型無人機のドローンは元々軍事用として開発されてきただけに「兵器」としての利便性が強すぎるのです。

つまり悪意をもった人間が手にしたとき、悪いことのために非常に使いやすいわけです。

官邸の屋上の事件がたまたま世間に問題を問うた形になっていますが、それがなくても、例えばドローンによる盗撮と言うのも横行しているのです。

規制がない現状は、それらを全部OKにしたまま放置していると言うのをわかっていない人が多いです。どんな形にしろ、一刻も早く何らかのルールを作るべきなのです。

テロ以外に安全の観点からドローンの規制は仕方がない

首相官邸の屋上にドローンが墜落した事に端を発し、規制が検討されています。東京の中枢部上空の飛行を禁止する法律が提案されようとしています。これは、テロの懸念やドローンを使っての上空からの撮影が不都合である観点からの規制です。

これとは別に、安全の観点から条例で規制をする自治体も出ています。

上空から落下して来れば、いくら小さいドローンでも人に危険を及ぼす可能性があり、規制は仕方ないでしょう。しかし一方で簡便に上空からの撮影も可能で、有効な利用も考えられ、全面禁止ではなく規制下での活用を考えるべきでしょう。例えば、一定面積の私有地の空き地などで操作し、撮影する事などは許可すべきでしょう。

また、この時も操縦する人のみではなく、周囲の安全を監視する人など2,3人体制を義務づけるべきでしょう。

ドローン規制に賛成です

ドローンを使った映像を見て今までにない臨場感に感動しましたが、先日の首相官邸の事件でドローンに規制がかかるのは時間の問題だろうと誰しも思ったのではないでしょうか。

ドローンを使っての映像にとても期待はしますが、必ずしも良識のもとで使われるとは限らないので、プライバシーの問題やテロに使用されるかもしれないなどと考えると、使用者の登録やなどは必要かと思います。

ただ、過剰に飛行規制区域を作ってしまうのはやり過ぎかと思うので、道路の使用許可の様に申請して使用する事ができれば良いかと思います。

ドローン規制に総論賛成です

ドローン規制には総論賛成です。

首相官邸での事件などを受け、非常に社会的にもこの事象は課題になりつつあります。こうした問題はドローンだけではありません。今後、いろいろな機器が簡単に製造できる時代です。法律が社会の事象に追いついてスピーディに対応できないと課題があと送りされてしまうわけです。

特にドローンについてはプライバシーの保護、極点に言えばテロでの悪用という課題まで発展していく可能性もはらんでいます。

ですから利便性と危険性を両面踏まえて議論すべきかと思います。たとえば、購入にあたっては証明書の提出、銃と同じく購入者を特定できる仕組みを作るといったところまで規制が必要だと思います。とにかくスピードをもって法策定が必要だと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る