ノーベル賞2015の受賞者を紹介&日本人の歴代受賞者を一覧で紹介

LINEで送る
Pocket

2015年のノーベル賞がすべて出そろいました。

今年は日本人が2名が受賞し、大きな話題となりました。授賞式が12月10日、スウェーデンのストックホルム・コンサートホールで行われました。

文学賞、医学生理学賞、化学賞、物理学賞、経済学賞の各賞授賞式の後、受賞者たちはストックホルム市庁舎で開かれた伝統の晩餐会に出席しました。

おめでたいですね。

さて、今回は2015年のノーベル賞の受賞者を一覧で紹介していきます。

ノーベル賞2015の受賞者一覧

賞名 受賞者名
物理学賞 梶田隆章、アーサー・B・マクドナルド
化学賞 ポール・モドリッチ、トマス・リンダール、アジズ・サンジャル
生理学・医学賞 ウィリアム・C・キャンベル、大村智、屠ユウユウ
文学賞 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ
平和賞 チュニジア国民対話カルテット
経済学賞 アンガス・ディートン

日本人2名を含むこの方々が2015年の受賞者です。

おめでとうございます。日本はここ数年でノーベル賞受賞者が一気に増加しています。今後も楽しみですね。

スポンサードリンク

日本人の歴代受賞者を一覧で紹介

名前 部門 受賞理由
1949
湯川秀樹
物理学
中間子の存在を予言
1965
朝永振一郎
物理学
量子電磁力学分野の基礎的研究
1968
川端康成
文学
『雪国』及び『伊豆の踊子』・『千羽鶴』・『山の音』
1973
江崎玲於奈
物理学
半導体・超電導体トンネル効果についての研究
エサキダイオードの開発
1974
佐藤栄作
平和
太平洋地域の平和の安定に貢献
1981
福井謙一
化学
化学反応過程に関する理論の発展に貢献
1987
利根川進
医学生理学
遺伝学・免疫学に貢献
1994
大江健三郎
文学
現代の人間の様相を描いた
2000
白川英樹
化学
分子エレクトロニクスの開発
2001
野依良治
化学
有機化合物の合成法発展に寄与
2002
小柴昌俊
物理学
素粒子ニュートリノの観測による新しい天文学の開拓
田中耕一
化学
生体高分子の同定及び構造解析のための手法の開発
2008
南部陽一郎
物理学
素粒子物理学における自発的対称性の破れの発見
小林誠
物理学
素粒子物理学への貢献
益川敏英
物理学
素粒子物理学への貢献
下村脩
化学
緑色蛍光タンパク質の発見と生命科学への貢献
2010
鈴木章
化学
有機合成のクロスカップリング反応を開発
根岸英一
化学
クロスカップリングの開発
2012
山中伸弥
医学・生理学
iPS細胞の開発
2014
赤崎勇
物理学賞
青色発光ダイオードの発明
天野浩
物理学
青色発光ダイオードの発明
中村修二
物理学
青色発光ダイオードの発明
2015
梶田隆章
物理学
ニュートリノ振動の発見
大村智
生理学・医学
熱帯感染症の特効薬開発

※敬称略※

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る