パチンコ税が軽減税率で導入の可能性、税率はどれくらいになる?

LINEで送る
Pocket

消費税の軽減税率の財源確保にあたって増税が決まったタバコ税。

タバコ1本あたり3円の増税案が出ましたが、ここで考えたいのは「パチンコ税導入」についてです。

タバコ税の導入と共にパチンコ税を導入してほしいという声が出ています。

パチンコ税が軽減税率で導入の可能性

現在の国内喫煙者数は年々減少しています。成人男性の平均喫煙率は約30%で、成人女性は約10%とされています。それに対してパチンコは日本国民で1000万人という人口です。日本国民の約10%くらいですかね。

一見すると少なく感じますが、実際にパチンコ屋に行くのは大人だけなので数字は更に増えると考えていいでしょう。

タバコ1本あたり3円の増税案が明るみになり、パチンコに嫌悪感を持つ人から「パチンコ税導入」を支持する声が高まっています。

ネットユーザーを中心に高まったその声は無視できないほど高まっています。

パチンコ税1%で2000億の増収が見込めるという意見もあります。導入が期待されますが、タバコ税には積極的だった政府はまだ実施に踏み切れないでいます。

導入が決定し、1度でも始まれば、タバコのように定期的に増税されることも考えられますが・・・

さて、どうなるのでしょうかね。

世の中には”パチンコ税の導入に踏み切れない理由がわからない”という人も多くいます。

確かにタバコのように体に直接的な害はないですが、パチンコ屋はいろいろな問題点が指摘されています。財源の確保も兼ねて導入するのも一つの手といえるでしょうか。

軽減税率の新しい税収として実現するのでしょうか。

注目をしていきたいですね。現国会では議論されていないので軽減税率導入と同時に、というのは難しいでしょうが、今後には可能性があります。

スポンサードリンク

税率はどれくらいになる?

続いて、仮に導入された後の話についてです。

導入されるとしたら気になるのが税率ですね。試算では1%で2000億円とみられています。これだけでも凄い金額ですね。

例えば、消費税と同じように考えてみましょう。

消費税は現在8%ですが、10%に引き上げられることが決定します。そこでパチンコ税も10%で計算してみます。

その場合は2兆円となります。

ギャンブル性のあるもので比べてみると、競馬では25%が税金です。パチンコ税もこれくらいまで上がる可能性もあります。

しかし、導入直後にその数字は考えられないでしょうね。

急に導入して突然20%だと、客は離れていくでしょう。そうなったら財源確保の全く意味がなく、パチンコ屋が大量に潰れて全国各地で廃屋が量産ということになりかねないです。

軽減税率の財源として導入されるのならば「1~10%」が現実的でしょう。

 

個人的な意見

ここでちょっと個人的な意見を。

導入について特に言わないのですが、問題は「極端にならないか不安」という点です。

急に導入し、大量の税金を取ったら産業が潰れてしまいます。潰れてしまうことで個人的に被害はないのですが、パチンコ屋は大手の就職先となっています。大量の無職が出てしまうこともありえるので、この辺りをしっかりと考えてほしいです。

どうなるのか、続報を見守っていきたいところです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る