プチ断食は半日でもダイエットとデトックスに効果!ただし危険性もあるので注意が必要

新しいダイエットとして注目のプチ断食。

プチ断食は正しいやり方で行えば、ダイエットだけでなく、デトックス効果も期待できるダイエット方法になります。ダイエットが続かないと悩み抱えている人にも、ぴったりなダイエット方法です。数日間行ってもいいですし、半日だけでも効果があります。

若い世代を中心に流行しています。

ただし、このプチ断食には危険性もあります。

プチ断食の効果について

断食と聞いたらハードなイメージがありますが、ただ頭に”プチ”が付くと可愛らしい印象を受けますね。

プチ断食というのは文字通り少しだけの断食と言う意味で、短期間の食事の摂取量を控えということです。それによってダイエット効果を期待したり、健康回復を促す方法を指しています。

プチ断食を行う前後には食べ過ぎず、消化にいいものを食べるようにして、胃を休める準備をして負担をかけないようにすることが大事になります。また、プチ断食から普通に食事をする時も、すきっ腹な状態になっているので、最初は消化にいいものを食べるようにします。

これは結構忘れがちなコツなので、忘れないようにしましょう。

最近では、酵素ドリンクを使ったプチ断食をしている人が増えています。

ちなみに酵素ドリンクを使ったプチ断食の方法は3日間集中して行うというもの。酵素ドリンクと、1日に必要な量のお水を飲むと言ったダイエット方法になります。これは簡単にできるのでオススメですね。

酵素ドリンクでカラダに必要な栄養をしっかり摂取し、体にたまっていたいらないものを排出することによって体が軽くなり、デトックス効果になり、これを繰り返すことで、体重も減ってダイエット効果につながるのです。痩せるというよりは体内の洗浄をすると言ったイメージになるのです。

プチ断食で重要なのがこの”デトックス”効果です。

体内にある老廃物の排出が促されます。例えば「便秘を解消する効果」に「新陳代謝がアップする効果」など様々です。プチ断食を定期的に生活の中で実施していくのはとても有意義といえます。

スポンサードリンク

プチ断食の危険性

プチ断食は正しく行えば、体の中からきれいになり、デトックス効果とダイエット効果を期待することが出来るのできます。

ただし、間違ったやり方で行うと、危険につながることもあるので気をつけなければいけないところです。

絶食を長期間続けないようにしましょう。

これを意外と忘れるというか、痩せるために断食を続けようと頑張りすぎていると体を壊します。プチ断食中でも、カラダに必要な量の水分をしっかり摂取するようにして、脱水症状にならないようにするのがとても重要です。

そして、無理なく行うこと。

プチ断食中でも、肉体に負担がかかると思ったらすぐにやめましょう。

水分補給は水でなくても、野菜ジュースやコンソメスープ、豆乳などで補うことでもいいのです。無理なくダイエットを続けて、体に負担をかけないようにすれば、体の中からきれいになって健康的にやせる事ができるのです。あくまでも肉体をきれいにするのが目的で、がむしゃらに痩せようという気を持ちすぎないことが重要です。

プチ断食は自分だけの知識で行わないようにし、必ず専門の方のサポートのもとで実行するようにします。行うタイミングもすごく重要で、無理なスケジュールの時に実行しないようにします。仕事が忙しい状態で行うのは危険な行為です。

時間が数日取れない場合は半日断食にしましょう。

半日断食は簡単にいえば半日だけの断食です。この場合は食事と食事の間隔を18時間空けるようにしましょう。具体的には朝食を抜いて水分だけ摂り、18時間ほどの水分だけで夕食を腹八分で摂取するというものです。たったこれだけでも消化管ホルモンが分泌され、腸の運動が活発になるため”便秘解消”の効果があります。次の食事まで胃腸を休ませることができるため、消化器官の負担が軽くなります。

プチ断食は間違えれば危険性も高いですが、正しく行うことによってダイエット効果もあり、健康にもなれるので非常におすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る