プロ野球の「コリジョンルール」はつまらないのか?併殺崩しも加えるべき?

2016年シーズンのプロ野球が開幕してしばらく経ちました。

今年はルールに大きな変更もあり、戸惑いの声が多くありますね。ただでさえ賭博疑惑がある中で開幕したことでファンの間では最も複雑な気分で迎えたシーズンといえるでしょう。

さて、今回は取り上げたいのは「コリジョンルール」についてです。

コリジョンルールとは?

2016年度からコリジョンルールが採用されるようになりました

これによって野球の得点スタイルなどが大きく変わろうとしています。こちらのルールでは「主に本塁でのクロスプレー」に大きく影響を与えます。

こちらのルールですが、横文字を使っていますが内容をまとめると非常に簡単です。

☆走者の捕手への体当たり禁止。

☆捕手の走者へのブロックやその走路を塞ぐことの禁止。

☆送球が逸れた場合にやむを得ず捕手が走路内に進入する場合は許されるが、走者と激しい接触を避ける努力をする。

☆球審が悪質で危険な衝突と判断した場合は、該当選手に警告を与えるか、退場処分とする。

このようになっています。

日本では2016年に追加されるということで話題になりますが、実はMLB(メジャー)ではすでに導入されているルールですね。

ざっくり言えば「ランナー側は相手捕手にタックルするのは禁止」であり、逆に「捕手側はランナーの進路を妨害したり、ブロックするのは禁止」というものですね。

 

コリジョンルールがつまらない?

このコリジョンルールについて「つまらない」と、いった声が開幕した直後からじわじわと出ています。

というのも、突然のルール変更に選手たちが明らかに戸惑っていることがわかるからですね。特に捕手はこれまで「相手をブロックするのが仕事のひとつ」とされていたのに、急にブロックが禁止になったことで明らかに戸惑っていますね。

しかし難しい問題ですね。

捕手がしっかりブロックし、ランナーがタックルするクロスプレーは確かに危険です。

ですが、判定がどちらに転ぶかわからない迫力プレーを楽しみにしているファンもいるようですね。確かにそういったファンからしてみれば物足りない要素もあるでしょう。

とはいえ、クロスプレーが無くなることで選手生命が伸びることは間違いないです。一概にどちらが良いのか、とは言えない問題ですが、賛否ある意見ということは確実でしょう。

スポンサードリンク

併殺崩しなども徹底すべきでは?

コリジョンルールですが、これは選手がケガをしないためのものです。

それならば併殺崩しも徹底すべきでしょう。

ちなみに併殺崩しは「1塁ランナーが2塁に進む際、ダブルプレー(併殺)にならないように2塁から1塁にボールを投げようとしている選手にタックルすること」です。

4月3日に行われた「北海道日ハム×ソフトバンク」でこのプレーが問題となり、選手が負傷するという事態になりました。本塁にタックルが禁止ならば、2塁にタックルするのも禁止にするべきではないでしょうか。

実際、MLBではすでに禁止行為となっています。

個人的にはコリジョンルールを適用した以上、こちらも導入すべきではないかと考えています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る