プロ野球の警告試合ってどういう試合のこと?危険球を投げると警告試合になるの?

プロ野球でたまに耳にする”警告試合”とは、どういった意味のある試合なのでしょうか。

結構聞く機会がありますが、意外と知らない人も多いですよね。乱闘、あるいはデッドボールといった際に聞きますね。しかし実際にところはどういった意味合いなのでしょうか。

今回は警告試合について説明していきます。

 

警告試合とは?

警告試合は特に日本野球機構管轄下にあるプロ野球において報復行為、またはそれによる乱闘行為などを未然に防ぐために作られたものです。

死球など危険なプレーを行った選手とそのチームの監督を退場させることが出来る試合を指します。

これではちょっとわかりにくいですよね。

試合中のプレイによって乱闘騒ぎ、乱闘に至らなくても危険球を投じたことにより、その後相手チームによる報復行為が行われる可能性があると審判が判断した試合です。

さらに砕けたいい方をすると「危険球で乱闘になりそうな雰囲気、危険球を投げて両チームの選手が出てきて乱闘騒ぎになった危険な試合」ですね。

警告試合とする場合ですが、審判団は警告を発して”警告試合とすることを宣告”します。

ちなみにですが警告試合となった後は、報復行為であると審判員が判断したら理由の有無問わず当該チームの監督と選手に退場を宣告することができるようになります。特に死球の場合は回数や危険球か否かを問わず退場させることができるようになります。

要するに乱闘の火種になりそうな場合はすべて退場にする権利が審判に与えられるというものです。

スポーツですからね。

これは当然の措置といえるでしょうか。

スポンサードリンク

危険球を投げると絶対警告試合になるの?

日本ではこの警告試合となるケースは最近では頭部に対しての危険球が大半ですね。それ以外で警告試合となることは稀でしょうか。最近では乱闘もあまり見かけなくなりましたからね。

危険球を投げられてチームメイトがエキサイトし、審判が制止のために警告試合にすることが多いです。ただ、危険球を投げたからと言って絶対になるわけではないですよ。

ちなみに、アメリカでは報復デッドボールを行った時にこの警告試合宣言がされることが多々あります。

報復デッドボールですが、これは自分のチームの選手が当てられたことに怒って相手に当てる行為です。メジャーではチームの投手が仕返しに相手にぶつけるということがよくあります。メジャーリーグファンはよくご存じでしょうか。

日本ではめったにないですが、この行為は乱闘に即時発展するので警告試合が与えられることが多いです。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る