プロ野球の連勝記録と連敗記録について|日本記録を持っているのはどこの球団?

さてさて、気になるこの話題について触れましょう。

プロ野球の日本記録についてです。

個人成績なども非常に興味深いプロ野球ですが、今回はチームの記録に着目したいと思います。それも「連勝記録と連敗記録」についてです。長いシーズンなので連敗も連勝も避けらないものですが、最長はどれくらいなのでしょうか。

連勝記録と連敗記録

先に連勝記録のほうから見ていきましょう。

こちらは18連勝が日本記録です。

1954年に南海ホークスが達成したもので。1960年には毎日大映オリオンズ(通称では大毎)と呼ばれていました。大毎は途中に引き分けがあっての18連勝です。南海ホークスは1954年8月22日~9月21日に達成し、大海は1960年6月5日~6月29日に達成しました。

この記録はとてつもないですね。2015年現在と違って当時は年間で130試合でした。その中で18連勝とは凄まじい記録です。文字通り優勝に直結する大連勝と表現して間違いないでしょう。

余談ですが開幕戦からの連勝記録は11連勝です。こちらは1954年に西鉄ライオンズが達成し、さらに1999年には中日ドラゴンズが達成しました。

次に連敗記録です。

最多連敗の日本記録も18です。

1998年に千葉ロッテマリーンズが記録した18連敗が日本記録です。この記録は途中に引き分けを挟み達成したものです。不名誉なので達成してしまったという表現のほうが適切でしょうかね。1998年6月13日~7月8日の記録となっています。

こちあも余談として開幕戦からの連敗記録は12連敗です。1955年にトンボユニオンズが、さらに1979年に西武ライオンズが記録をしたものです。

スポンサードリンク

ねねねの一言

日本記録は遠いですね。

18連勝に18連敗。

シーズンでこの記録を達成したらさすがに「優勝or最下位」がほぼ決定となってしまいますね。2015年現在のプロ野球は試合数が144と過去に比べると増えていますが、どちらかの新記録を樹立したら順位が決定するでしょう。

しかしこの要因はどこにあるのでしょうか?

歯車がかみ合った、あるいは歯車が狂ってしまった結果でしょうかね。実力差といえばそれだけですが、実力差だけでここまでの大記録にならないでしょう。もし単純に力が違うのならば毎年同じチームが危なげなく優勝して終わりでしょうし。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る