ベーシックインカムとは|メリットと問題点について

最近になって名前を聞くことが多い「ベーシックインカム」です。

テレビなどで取り上げられることもあり、聞いたことがある人も多いでしょうね。こちらは保障のひとつです。最低限所得保障ですね。

日本でも導入するのではと話題になっていますが、実際のところはどうなのでしょうかね。今回はこのベーシックインカムについて説明し、さらに問題点についても紹介していきましょう。

ベーシックインカムとは?

このベーシックインカムについてですが、簡単に説明していきましょう。

これは国民の最低限度の生活を保障するための構想というか、政策ですね。ざっくりと説明すると「まぶしい人のために無条件でお金を配る」ということですね。国民全員に無条件で、生活に最低限必要な現金を支給する政策です。

具体的には数万円を毎月、お金持ちから生まれたばかりの赤ちゃんまで支給するということです。

えっ、それって大丈夫なの?

ただのバラマキになってしまいますが、その代わりに年金や生活保護といった制度を廃止するとの見方があります。これにより医療保険も廃止したほうがいいという意見もありますね。

気になる財源ですが、これは現役世代の税金です。

このメリットですが、食べ物を買うお金がない人は飢えずに済みます。また、さらにお金が欲しい人は働く時間が増やします。労働意欲も失われないというのが大きいですね。

最大のメリットはブラック企業がつぶれることです。

昨今はびこっているブラック企業ですが、これは人の弱みにつけこみます。ブラック企業とわかっていても仕事をしなければ生活できないので、仕方なく働くわけですね。しかし、生活できるだけのお金が支給されたらブラック企業で働かなくてもよくなります。これでブラック企業も困ります。

スポンサードリンク

ベーシックインカムの問題点

メリットもありますが、問題点もあります。

最大の問題点は「財源」ですね。

上記では数万円とありますが、最低限の生活を送るのは数万円で足りないですよね。その財源をどこで確保するのか、それが最大の問題点といえますね。

年金を廃止するといっても最低限の生活を送るにはそれ以上に支給することになります。国民1人1人に無条件で年間100万円を支払うにはかなりの財源が必要だということがわかりますね。

別の問題点としては「外国人」についてです。

国民に無条件で与えるのですが、これを目当てに外国人が大挙して押し寄せてくるということは容易に想像ができますね。

3つ目の問題点としてはやる気の問題です。

無条件にお金が配れることで、労働意欲が無くなってしまう人も絶対に存在するはずです。働かなくても生きていけるということは、最低限の生活ならば何もしなくても生きていけるということです。

また、現役世代からの不満もあります。

現役世代でバリバリ働いている人からすれば、子供に老人はともかく「同じ世代なのに遊びほうけている人に税金が使われる」ことに反感を覚える人も多いでしょう。

今回は簡単に触れましたが、問題点も多いですね。

日本で導入されるかは全く持って不明ですが、メリットとデメリットをよく考えてから決めてほしいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る