ペルセウス座流星群2016が12日~13日ピーク、見やすい方角と注意点について

LINEで送る
Pocket

今夜、ペルセウス座流星群がピークを迎えます。

2016年のペルセウス座流星群は、観測の条件が大変良いされており、最も綺麗に見ることができると言われています。お盆で休みということもあり、多くの方がご覧になるでしょう。

2016年のペルセウス流星群

ペルセウス流星群は、毎年お盆の時期に出現する流星群です。三大流星群と呼ばれています。

条件が良い時は80個以上を観測することが可能です。

2016年は最高の条件が整っています。ピークとなる12日夜~13日未明は、高気圧に覆われ全国各地で晴れる見こみで、多くの星々を見つけることができるでしょう。

ペルセウス座は21時ごろから北東の空に現れはじめます。観測時刻はこれくらいが最初でしょう。

しかし、最大の見ごろとなるのは13日の未明です。月明かりがなくなり、空が暗くなる程見やすくなります。とはいえ夏なので未明といっても明け方までいってしまうと台無しです。

その為、最大の見ごろは「12日午後11時~13日の午前3時くらいまで」となりそうです。

無論、21時ころから見ることができるのであくまでも最大のチャンスくらいに考えてもらって大丈夫です。

外に出るのもオススメですが、株式会社ウェザーニューズはペルセウス座流星群のライブ中継を8月12日21~24時に全国11カ所から実施する予定です。「ニコニコ生放送」「YouTube Live」「LINE LIVE」など各種動画サイトで配信する予定となっており、こちらで楽しむこともできます。

スポンサードリンク

方角はどこがいいの?

これについては方角は特にオススメの方角はないです。

流星は空のどこにでも出現します。仮に注意点があるとすれば「月、花火、外灯」がない場所を見るということです。暗い場所ならば非常にきれいに見えるので、なるべく灯りのない場所を選びましょう。

 

注意点について

最後に注意点なのですが、時刻が深夜となります。

夏なのでそれほどの冷え込みはないのですが、外に出て観測する場合は注意が必要です。あまり灯りのない場所がオススメなのですが、暗い場所には危険がつきものです。特に女性と子供は注意が必要です。

また、道路の飛び出しにも注意です。

そして大きな問題として「虫」の存在もあります。

人気のない場所には虫もいるので「虫よけスプレー」などを利用してください。

注意点が多くなりますが、ゲリラ豪雨にも気をつけるべきでしょう。突然の雨が深夜に襲ってくるのは怖いので、それほど家から離れた場所に行くことはオスメメできません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る