マイナンバー制度とは簡単にわかりやすく説明すると?拒否は可能なの?

マイナンバー制度が始まります。

テレビCMなどで聞いたことがある人も多いでしょう。日本で「マイナンバー制度」が導入されます。この制度についてですが、国民の多くが知らないと答えています。

名前は知っているけど、具体的にはどういう制度なのか不明と首をかしげている人も多い様子。

 

マイナンバー制度とは?

マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税金、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。

2015年10月より、導入されます。

わかりやすく説明すると「国民一人一人に自分の番号(マイナンバー)が割り振られる。そして、その番号には様々な情報が統合されている」ということですね。

これだけではまだわかりにくいでしょうか。

今までは所得や納税の記録、年金や介護保険料の支払い状況などが個別のサイトでしたが、専用のサイトで自分の番号と照会すればすべてわかりようになります。「自分の番号=自分の証明する簡単で最大の手段」となるわけです。

個人を特定するための番号で出生時から死亡時まで原則、変更されない数字です。

脱税、年金未払い、不正などがすべて明らかとなります。

便利なものといえます。

ただし、番号は変更されない数字なので自分の情報が漏えいすると非常に危ないです。なりすましなどの行為もある可能性があります。

また、ナンバーが配布されるのは日本で暮らす全ての人が対象です。正確には住民票コードを基礎にして作成されるため、国外に滞在されている方などで、住民票がない場合はマイナンバーを指定することができません。住民票が作成されれば、マイナンバーの指定対象となります。外国籍でも住民票のある方には、マイナンバーが指定されます。

スポンサードリンク

拒否はできるの?

このマイナンバーですが、拒否したい人もいます。

不正をしている人なども拒否したいでしょうが、世の中には「自分が番号で呼ばれると囚人みたいで気分が悪い」と考えている人もいることでしょう。

残念ながら「拒否は難しい」です。

2015年10月5日から簡易書留で番号を通知する「通知カード」が送付される予定ですが、簡易書留の受け取りを拒否すること自体は可能です。しかし、別にカードを拒否したからといって関係ないです。住民票に掲載されたマイナンバーが消されるわけではないです。

ただ、マイナンバー制度自体が絶対に反対という人もいます。

こちらも難しいでしょう。

すでに決定していることだり、政府は今後「マイナンバー制度に反対しようとしたら罰則」みたいなことをしてくる可能性があります。全員が賛同しており、1人だけ反対していると「不正しているのでは」と疑われますよね。これを見逃してくるとは考えられないです。

ねねねの一言

マイナンバーが始まりますね。

自分が番号で呼ばれると考えたら確かにちょっと嫌ですが、情報の統一はわかりやすいですね。

施行されるのは2015年10月からです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る