マイナンバー導入の延期決定と中止の可否について|年金流出問題で拍車が

マイナンバー制度についてです。

以前から賛否がわかれていたこの制度です。そちらについては以前の記事を確認ください。

マイナンバー制度ですが、年金流出問題で延期となりました。6月9日、マイナンバー法と個人情報保護法の改正案の審議を当面見送ることで合意しました。今月中の法案成立は不可能となりましたね。

延期どころか中止にしてほしいという声も高まっており、今後が注目されますね。

マイナンバーの延期と中止について

この制度について簡単に言いましょう。

国内に住むすべての国民と外国人に対して12ケタの個人番号の通知が始まります。4カ月後の10月から開始され、運用開始は来年1月が予定されています。

そういった時期に発覚した125万件の年金情報流出でした。この共通番号の対象になるのは、年金をはじめ税金、健康保険、雇用保険、福祉など運用開始時点で約100もの行政事務に及びます。

年金が流出した問題でこの制度に対して否定的な意見が広がっています。

この流出ですが、もしマイナンバー制度が導入された後だったら様々な問題が発生します。というのも、一度流出したらすべての個人データが流出してしまうからです。自分の番号は容易に変更することもできないので、流出してしまったら取り返しのつかないことになります。

制度の目玉であるマイナンバーと年金情報の連携を、政府が延期する可能性も出ている。野党は来年1月の制度開始も延期するよう求めています。

2013年に成立したマイナンバー法では、政府が行政手続きなどで個人番号を活用すると定めた。2017年からはマイナンバーと基礎年金番号を結び付け、年金関連の事務を効率化する予定でした。

流出は怖いですね。しかも、マイナンバーは自信の勤務先に教えておかなければいけないなど、民間を含めた「見える番号」として他人に知られる機会が多いです。流れたデータは、詐欺やなりすましなどに悪用される可能性が極めて大きいです。こうなってしまったら最悪ですね。

年金流出問題で、今後はさらなる延期となる可能性が非常に高いです。

マイナンバー制度への国民の認知度はまだまだ低く、企業の準備も遅れているのが現状です。改正法案の審議がさらに難航すれば中止となる可能性もあります。

スポンサードリンク

ねねねの一言

延期は妥当でしょう。

それだけ流出問題は大きな要因でしたね。しかし声がそれほど多く上がらなかったのがちょっと残念でした。国民にあまり浸透していないということでしょうかね。

今年から導入される制度なのに認知度が低いことも問題でしょう。

個人的な意見ですが、さらなる延期もやむを得ないですね。

中止にしてほしいという意見も結構同調できます。導入するのならもっとセキュリティ面を万全にしてくれないと困りますね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • ぽぽや
    • 2015年 8月 03日

    どう考えても、国民は個人情報流出や、詐欺など犯罪に会う確率が上がりデメリットの方が遥かに大きいです。メリットがあるのは国側だけ。国民全員を監視下におき、より家畜化しやすくなりますので。 ナチ安倍政権に強行されてはたまりませんよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る