マンガ大賞2015の結果発表!大賞は東村アキコ先生の『かくかくしかじか』

先日の「本屋大賞」に続き、マンガ大賞2015が発表されました。

こちらのマンガ大賞ですが、ざっくりいえば本屋大賞のマンガ版といった感じですかね。

2015年は東村アキコ先生の『かくかくしかじか』が大賞に選出されました。受賞おめでとうございます。

 

マンガ大賞とは?

書店員を中心とした有志により選定される日本のマンガ賞です。

マンガに詳しい多方面の選考員からなるマンガ大賞実行委員会により2008年に創設されました。毎年1回、ノミネート作品と大賞が発表される。マンガに直接利害関係のあるマンガ家・編集者・ブックデザイナーなどは選考員から省かれています。

ちなみに全てボランティア・ノーギャラで運営されているとのことです。

書店員が選ぶということで、2004年に設立された「本屋大賞」のマンガバージョンと考えたらわかりやすいでしょうか。

文字通り、マンガが対象となっている賞です。

要約すると、1年間の中でもっとも書店員から支持されたマンガということですね。

発起人はニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんです。

吉田さんといえばエンタメ部門では特に有名人で、アニメや声優、さらにはマンガなどにかけてはとても詳しい人物です。

選考員は完全に公表されていないスタイルですが、マンガ大賞実行委員が「直接存じ上げている方に声をかけて」いるとのこと。

歴代の大賞受賞作品

ここでは大賞を受賞した作品だけを紹介します。

年度別の作品については別の記事で紹介していますので、そちらを参考にしてください。

第1回 岳 みんなの山

第2回 ちはやふる

第3回 テルマエ・ロマエ 

第4回  3月のライオン

第5回 銀の匙 Silver Spoon

第6回 海街diary

第7回 乙嫁語り

第8回 かくかくしかじか

 

スポンサードリンク

 

東村アキコ先生と受賞作『かくかくしかじか』

2f32a7f1da95e5372e25ac05c6a278d4_view

東村アキコ(ひがしむら アキコ)先生は1975年10月15日生まれの漫画家です。

宮崎県生まれ。物心ついた頃には少女漫画家になることを決意し、実際に夢をかなえた女性漫画家ですね。

1999年にデビューしました。

代表作は「海月姫」でしょうかね。

ちなみにこの海月姫はアニメ化され、人気を博しました。同時に東村先生の名前を多く広めた作品となりましたね。実写映画化もされています。

2004年に結婚し、2005年1児(男児)を出産します。その後、2008年に離婚するものの2013年に再婚しています。

かくかくしかじかについて

512Tt0wDKEL._SL500_AA300_

マンガ大賞受賞作品の”かくかくしかじか”はどういった作品なのでしょうか。

ネタバレしない程度に作品に触れていきましょう。

東村アキコ先生の幼年時代からの生い立ちと、漫画家として有名漫画家になるまでの女性漫画家版『まんが道』を想定して描く自伝エッセイ漫画となっています。

あらすじ

林明子は、宮崎県の片隅で伸び伸びと育ち、自分は絵の天才だと思い込みながら少女漫画家になることを夢見ていた。 高校生のころ「美術大学に進学し、在学中に漫画家としてデビューする」という計画を立て、高校3年で日高絵画教室の美大進学コースに入る。 しかし、講師であり自らも画家の日高健三に今までの自信と天才との思い込みを粉々に打ち砕かれ、待っていたのは竹刀とアイアンクローのスパルタ指導。 そして、厳しくも優しい恩師・日高先生と、調子者のミラクルガール・明子が、ときに反発しながら二人三脚で美大合格を目指す。

受験、大学生活、就職、仕事……漫画家としての人生に至るまでを描いたドラマチック・メモリーズ。

※wiki参照※

 

ねねねの個人的な感想

東村先生おめでとうございます。

マンガ大賞で選ばれた作品はその後、ものすごい勢いが出ますからね。今後はさらに注目度がアップしそうですね。

今後ますますの活躍と共に「かくかくしかじか」のタイアップを期待しています。アニメ化とかすぐにしそうですね(笑)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る