ヤクルトが混戦セリーグを制して2015年シーズン優勝!

東京ヤクルトスワローズがセリーグ優勝しました。

大混戦となっていた2015年のセントラル・リーグですが、ヤクルトが14年ぶり7度目のリーグ優勝を達成しました。

おめでとうございます(^^)/

雄平のサヨナラ打でヤクルト優勝

○ ヤクルト 2x - 1 阪神 ●

阪 000 000 010 00=1

ヤ 100 000 000 01=2

優勝マジック”1”で迎えたヤクルトは10月2日、神宮に阪神を迎えての戦いでした。

1回裏一死から安打と四球で一、二塁とすると、4番の畠山和洋がレフト前にタイムリーを放ち先制します。

しかし目の前で胴上げを阻止したい阪神は粘り、8回に攻め立てます。同点だったものの、ヤクルトは守護神のバーネット投手を投入しました。阪神ベンチも大和選手に代わり、今年で引退を表明している切り札、関本賢太郎選手を代打に送り込みます。

関本選手は初球をセンター前にはじき返し、同点となります。

9回では決着がつかない激闘は延長戦に突入します。

決着は延長11回裏でした。先頭の川端慎吾選手がレフト前ヒットを放ち、山田選手は三振に倒れたが、二塁へ盗塁を試みた川端が送球が転々としている間に三塁へ進塁します。畠山は敬遠で歩かされ一、三塁。ここで代打の田中浩康選手を送りますがいい当たりを放つもライナーで、6番雄平選手に回ります。

雄平選手はライト前にタイムリーを放ちサヨナラ勝ちを決めました。

2年連続最下位に甘えていたヤクルトは、今季から14年前のリーグ優勝を選手として経験している真中満監督が就任しました。就任1年目での栄冠となりました。

前年最下位から優勝したのは今年のヤクルトで5度目となります。過去4度は1960年・大洋(現DeNA)、1975年・広島、1976年・巨人、2001年・近鉄。

スポンサードリンク

ねねねの感想

ヤクルトの選手、関係者、そしてファンの方々おめでとうございます。

春先は心配されましたが、見事に混戦のセリーグで優勝という最高の栄冠を手にしました。記録づくしだったこともあり、この優勝は強く印象に残りそうですね。

真中監督も就任1年目で優勝おめでとうございます。

最下位からの優勝ってすごいですね。まさに下剋上です。

しかし優勝のかかった試合は見ごたえがありましたね。敗れた阪神も素晴らしい粘りでした。素晴らしい試合でした。

ここから戦いはクリマックスシリーズ、さらには日本シリーズに進みます。今後のヤクルトの活躍から目が離せないですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る