中山金杯2016の結果&着順と配当金(払戻金)について

2016年最初の競馬記事です。

1月5日に中山金杯が開催され、結果が確定しました。

年明け最初の重賞ということもあり、特に人気と知名度のあるG3が中山金杯&京都金杯です。今年のレースでは5頭が1桁人気で、割れた人気となりました。

では、早速結果を見ていきましょう。

中山金杯2016の結果&着順

着順 馬番 馬名 性齢 騎手 単勝 人気
1 5 ヤマカツエース 牡4 池添謙一 4.9倍 3
2 7 マイネルフロスト 牡5 松岡正海 6.9倍 5
3 10 フルーキー 牡6 Mデムーロ 3.4倍 1
4 14 ライズトゥフェイム 牡6 石川裕紀人 12.4倍 6
5 3 ステラウインド 牡7 蛯名正義 17.2倍 7
6 6 ブライトエンブレム 牡4 Cルメール 4.8倍 2
7 2 スピリッツミノル 牡4 酒井学 28.6倍 9
7 4 ネオリアリズム 牡5 戸崎圭太 6.7倍 4
9 13 マイネルディーン 牡7 柴田大知 57.2倍 11
10 1 ロンギングダンサー 牡7 吉田豊 55.4倍 10
11 8 フラアンジェリコ 牡8 柴山雄一 67.7倍 12
12 12 バロンドゥフォール 牡6 横山典弘 28.3倍 8
13 11 メイショウカンパク 牡9 大野拓弥 146.0倍 13
除外 9 ベルーフ 牡4 Fベリー —倍  

 

このような結果となりました。

ベルーフは馬場入場時に放馬し、残念ながら競走除外となりました。払い戻しとなります。

レースは上位人気馬が順当に走ったといっていいでしょう。ヤマカツエースは好位について最後に突き抜けましたね。素晴らしい勝ち方だったと思います。

ヤマカツエース&池添謙一おめでとうございます。

ヤマカツエースは2歳時よりオープンで活躍し、昨年4月のニュージーランドTで重賞初制覇しました。古馬中距離戦線が楽しみになってきましたね。また、騎乗した池添謙一騎手は、昨年の京都金杯をウインフルブルームで勝っています。

2年連続で『金杯』を制した騎手となります。3年連続にも期待したいですね。

スポンサードリンク

配当金(払戻金)について

単勝 5 490円 馬単 5-7 3,160円
複勝 5
7
10
160円
170円
140円
ワイド 5-7
5-10
7-10
490円
380円
490円
枠連 4-5 1,070円 3連複 5-7-10 1,850円
馬連 5-7 1,670円 3連単 5-7-10 11,190円

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る