中年フリーターは結婚できるのか|年収について考えてみる

35歳以上で正社員でなく、アルバイトで生活している人々を「中年フリーター」と呼びます。

最近では社会問題になっていますが、2015年には273万人に上ると見られています。男性だけでなく女性にも大勢おり、今後さらに大きな問題になっていくでしょう。この問題についてはこちらの記事でも書かせていただきました。

この中年フリーターの増加で発生する問題はいくつかあります。その中でも懸念されるのが少子高齢化の加速です。

今回は「結婚と年収」について考えてみましょう。

結婚と年収について

最大の問題は結婚と子供でしょうか。

フリーターですが「フリーアルバイター」の略であり、正社員ではなくアルバイトで生活している人々を指します。普通では若者を対象に使用する言葉なのですが、昨今ではその”普通”がズレつつあります。

考えたいポイントは結婚です。

日本は不景気の波に襲われ、さらに年々増加する消費税に苦しめられつつあります。夢のない話ですが、結婚するには現実的にお金が必要であり、それは生活していくためには当然のことですね。

中年フリーターは結婚していない方が多いです。付き合っていても結婚に踏み切れないカップルも多いようです。

最大の理由が金銭面ですね。

正社員とフリーターの違いはこちらの金銭面ですが。ただし、勘違いしてほしくないのは別に正社員だからといって金銭的に余裕があるわけではないです。最近は正社員よりもアルバイトのほうが稼ぐということも多々あります。酷い条件の企業もありますしね。

それでも正社員のほうが保障が充実しています。

20代の頃はあまり差がなく、むしろアルバイトのほうが稼げるといった人も多いです。しかし加齢していく毎に差が広がっていきます。

正社員とアルバイトの違い

1、年収の差

生涯年収では2~3倍の差があります。

2、社会的な地位

正社員はローンが組みやすいのですが、アルバイトは社会的信用が低いためローンが組みにくいのが現実です。

3、雇用の保証

正社員は突然解雇の可能性がないのですが、フリーターは契約期間が満了すれば解雇されます。

4、年金

正社員は厚生年金ですが、フリーターは国民年金だけです。

ざっくりと違いを書きました。無論、これには例外もありますが、一般的にこれだけの差があります。

これでは結婚をためらう方が増加するのも当然でしょう。中年フリーターは独身が多く、政府による今後の対応が求められます。このまま放置しておくことは少子高齢化の原因となります。

スポンサードリンク

ねねねの感想

この問題は政治家に重く受け止めてもらいたいですね。

結婚できない人が増えることは日本にとって大きなマイナスです。放っておいたら日本が崩壊する大きな要因になるでしょう。

ただ、難しいですね。

アルバイトの期間が長ければ長いほど就職は難しいですし、企業としても扱いにくいという点もあるでしょう。就職願望があればいいのですが、これらの中には就職を希望していない人がいます。

今後の日本はどうなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る