中日ドラゴンズの引退選手について|2015年~2016年は世代交代になる予感

プロ野球が盛り上がっています。

特にセリーグは大接戦ですが、残念ながらその混戦の中に参加できなかった中日ドラゴンズ。ダメージを受けている球団でしょうが、さらに追い打ちをかけるように引退選手が相次ぎました。

中日は2000年代の後半が黄金期でしたが、そこを支えた選手たちがこぞって引退となります。

今回はその引退選手について触れましょう。

2015年の引退選手

中日ドラゴンズのベテラン選手が相次いで引退を表明しました。

わかっているだけでも下記の通りです。

投手:朝倉、川上(移籍の可能性も)
捕手:谷繁
内野:小笠原
外野:和田

2015年9月15日現在でも上記の5選手が引退、あるいは移籍とみられています。

この大量引退には中日ファンだけでなく、他球団のファンからも惜しむ声が漏れています。引退を表明しているのはすべて偉大な記録を残している選手ばかりで、野球ファンとしては単純に悲しいですね。

通算打率は3割を超え、2000本安打を達成している和田選手、両リーグでMVPを獲得している小笠原選手など野球ファンからお馴染みの選手ですからね。

ノムさん超えの谷繁捕手の引退も残念です。

地方球場に強く印象に強い朝倉投手に、メジャーリーグに挑戦した川上投手。

こうして書いていくと中日の選手が引退というよりも、野球界の大物ベテランが去っていくようで時代の移り変わりを感じますね。プロ野球を見ている人ならば知らない選手は少ないでしょう。

ただ「横浜の谷繁、日本ハムの小笠原、西武の和田」とそれぞれ以前の所属先で栄光を勝ち取った選手たちが中日で同時に引退するとは思わなかったですね。

スポンサードリンク

山本昌選手の進退は?

中日のベテランであり、球界のレジェンドといえば山本昌投手ですね。

上記のベテラン選手が引退するということで、注目が集まりますね。50歳でプロ野球選手というのは多くの人が驚くことであり、選手としては尊敬の一言でしょう。

さて、山本昌投手は「引退」とはまだ発表されていない状況です。

しかし現状では監督より年上ですし、いろいろと考える部分もあるでしょう。落合GMからは「自分で決めろ」と言われており、これは「進退については自分で決断しろ」ということなのでしょう。

個人的には現役を続けてほしいです。

 

ねねねの感想

低迷しているドラゴンズにとっては暗いニュースですね。

一時代が終わるようで寂しいです。世代交代は喜ばしいことでしょうが、やっぱり大物が引退するのは寂しいです。

とはいえ、決めたのですから「お疲れさまでした」と言いたいです。

山本昌投手はどうするのでしょうか。これだけのメンツが抜けて、さらに昌投手が抜けてしまったら中日の看板選手がごっそり引退ということになります。球団としても引き止める気がします。

個人的にもまだまだ投げるところを見たい(笑)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 04日
    トラックバック:ぐらにっき

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る