五月病の対策はどうすればいいの?予防には食事を改善する必要があるの?

現代社会の大敵ともいえるのが”五月病”です。

新入社員に新大学生を中心にみられるのがこの症状です。

以前は”甘え”とか”怠けるため”という見方が強かったのですが、最近になって新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状であることが広がってきました。医学的には「うつ病」と診断されます。

抑うつ、無気力、不安感、焦りなどの症状が出るのでうつ病と大差ないですね。

今回はこの”対策と予防”について紹介したいと思います。

 

五月病の対策

対策についてですが、まずは五月病の特徴について触れる必要があります。

うつ病もそうなのですが、真面目すぎる人や頑張りすぎる人は、環境に過剰に適応しようとして自分を抑え込んでしまう傾向があります。その結果、大きなストレスを感じてしまい、発症しやすくなります。

つまり、真面目なタイプが五月病になります。

完璧主義者はかなり危険です。

そこで重要なのが”ストレスを溜めない”ことですね。

☆音楽を聴く

☆気張りすぎない

☆スポーツをする

☆ストレッチをする

これらの行為でしっかりストレス解消しましょう。

また、1人で孤独になってしまうのも避けるべきです。五月病になりそう、あるいはなりたくない人はこの2点に注意してください。新生活で頑張りすぎている人は注意してください。

対策としては「ストレス解消&1人にならない」ですね。

 

スポンサードリンク

五月病の予防には食事が重要

20110521

五月病にはなるべくなりたくないですよね。

対策は上記の通りですが、最大の予防法がります。

それが食事です。

一見すると全然関係ないように思えますね。過度のストレスや環境の変化に起こるのが五月病です。生活リズムが狂い、栄養バランスが崩れてしまうのも一因とされています。

そこで力になるのが食事ですね。

例えば、イライラの原因といえばカルシウム不足ですね。

例えば、カルシウムを吸収するためにビタミンDとマグネシウムが必要ですね。

こういった必要な栄養素を吸収するのも食事において重要です。バランスのいい食事をとることが精神病の予防には大きな力となります。

新生活での1人暮らし 食事は手を抜かず、バランスを心がけましょう。

 

ねねねの個人的な意見

五月病は怖いですよね。

わたしは体験したことがないのですが、五月病を発症した人は苦しがっていましたね。数年前までは怠けみたいな症状でしたが、最近では精神疾患として扱われることが多いですからね。

きっちりと対策&予防をしたいところです。

ストレスを溜めるのは体に悪いので、どこかで発散させたいところです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る