仮想現実ゲームがVRデバイスで現実に?VRデバイス技術がもたらすゲーム以外の進歩にも期待

LINEで送る
Pocket

ゲームファンにとっての夢。

その一つに挙げられるのはアニメなどである体感型のゲームではないでしょうか。少なくとも私個人としてはそういったゲームをプレイしてみたいものです。

現実の世界から離れ、自分の意識を仮想現実に飛ばしてのプレイ。現実の世界では不可能な”魔法”を使用したり、剣士になって化け物と戦ったり、様々な職業になってプレイしてみたり、と想像している人は多数いることでしょう。これをゲームの画面越しではなく、体感したいと。

今すぐにとはいかないものの、そういった現実は目の前に迫ってきています。

仮想現実の世界に

仮想現実を体感出来る装置。

夢のような装置ですが、実はこの装置ですが現在開発がすすめられています。その名も”VRデバイス”です。ちなみに「VRはヴァーチャルリアリティ」の略称です。仮想現実体感装置、と言い換えてもいいですね。

ユーザの視界を完全に遮り、映像を表示します。頭の動きをセンサにより感知し、まるで自分がゲームの空間の中に居るように映像が変化するという仕組みです。

画像を見てもらうと、こういった感じです。

o2o_140508_image03

アニメなどである被るものですね。何となく見たことある人もいるでしょう。

主にパソコンやゲーム機と有線で接続するものが多いですね。

今後数年間はこのVRデバイスが中心になると見られています。ついに私たちは仮想現実の世界に行くことができるようになります。とはいえ、さすがに五感全部とはまではいかないですがね。

この技術は各社で鋭意開発中であり、様々な会社が技術開発に力を注いでいます。ソニー・コンピュータエンタテインメントも開発していることでも有名です。

最も有名なのがOculus Riftでしょう。

VRデバイスの火付け役的な存在であり、Facebookに買収されたことで大きな注目を集めましたね。

スポンサードリンク

ゲーム以外でも活用

VRデバイスの登場により、もっとも影響を受けるのがゲーム業界であることは間違いないでしょう。それ以外にも映画にテレビといった使い道はありますが、ゲームのプレイが格段に楽しくなるのは簡単に理解できますね。

ファミリーコンピュータの登場から、家庭用ゲーム機の性能は年々向上しています。スマホアプリなどをプレイしていると凄いな、という感想が浮かびます。ファミコンからプレイしているので尚更この進歩を感じる今日この頃です。

しかし、ゲーム以外の分野でも活用が可能です。

例えばロケット開発などで有名なNASAは、ロボットを遠隔操作するシステムを開発している。自由に動かせるようになれば、人間が立ち入ることができない場所での救助活動や精密作業がより正確に、そして簡単に行えるようになりますね。

さらに、ソニーは医療の分野において、内視鏡手術向けにヘッドマウントディスプレイを用いるシステムを提供している。この技術が完成すれば手術の成功率がアップするとされ、効率もよくなります。

非常に人のために役立つ技術ですね。

VRデバイスの技術発達は人の世に大きな変革をもたらすことでしょう。

 

ねねねの感想

これは実用化され、一般に広く普及してほしいですね。

このデバイスを使用してのゲームとか最高に楽しそうです。リアルでRPGを楽しめるということで、ゲームファンにとって楽しみでしかないですね。

技術を応用して様々なジャンルに使えるのも魅力といえるでしょう。

いずれは五感すべてを使ったゲームが完成するのでしょう。何年後になるかは不明ですが、もしリリースされたら現実に戻ってこれなくなりそう(笑

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る