北朝鮮はトランプ氏の大統領当選でどうなる?首脳会談と軍事行動の可能性について

LINEで送る
Pocket

アメリカの大統領選で見事に勝利を果たしたトランプ氏。

順調にいけばトランプ大統領になるわけですが、そこで考えたいのが海外戦略です。日本ではトランプ氏が勝利するとあまり良くないなどとメディアが騒ぎ立てていますが、その他の国々にとってはどうなのでしょうか。アメリカという偉大な国のトップが代わるということは一大事ではありますが、どういった影響が出るのでしょうか。

特に気になるのは北朝鮮の動きです。

北朝鮮はどうなる?

知っての通り、アメリカと北朝鮮は非常に険悪な状態です。

日本にとっても北朝鮮は悩みの種であり、ミサイル発射などで何度も苦しい思いをしてきましたね。アメリカは北朝鮮と対話をする姿勢はなく、北朝鮮に態度の軟化を求めてきました。

しかし、トランプ次期大統領はすこし異なります。

5月に行われたロイター通信とのインタビューで「金正恩と北朝鮮核問題について対話することに何ら問題はない」と首脳会談に意欲を示しました。北朝鮮と対話によって問題を解決するという姿勢を示したことになりますね。

ちなみに対立候補のヒラリー・クリントン氏からはこの件について批判を受けました。

批判を受けましたが、発言を撤回することはなく”金正恩氏が米国に来るのなら会う”という姿勢を改めて明らかにしました。

これは北朝鮮にとっていい材料といえるのではないでしょうか。

実際、北朝鮮の政治局員はこの発言に歓迎の意向を表明し、北朝鮮の対外宣伝ウェブサイトでトランプ氏を高く評価していました。北朝鮮にとって今回の政治結果は喜ばしいものといえるでしょう。

スポンサードリンク

アメリカと北朝鮮の関係はどうなる?

上記のように北朝鮮にとっては喜ばしい結果となったといえるでしょう。

では、これで問題は解決するのか?

答えは「微妙」です。

何故なら仮に首脳会談が成立したとしても、交渉が決裂する可能性が十分にあるからです。トランプ氏は対話をする可能性を示唆したものの、別に北朝鮮に対して譲歩をするという発言はありません。金正恩氏との交渉が決裂した場合は和やかなムードが一変することは想像に難くないでしょう。

そう、トンラプ次期大統領は暴言王としても知られています。

ひとたび交渉が決裂したら性格的にケンカ腰となりそうです。すぐにでも軍事行動に出る可能性もあるでしょう。

対話を求めているトランプ次期大統領ですが、北朝鮮に対しては軍事力行使も辞さないと強硬な発言を繰り返してきたのは恐らく多くの方がご存じでしょう。この辺りはホントにどうなるのか、大統領に就任してからではないと断言できないというのが実際のところでしょう。

日本としては・・・

どうにか対話で上手く行ってほしいですね(苦笑)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る