南シナ海問題の判決が出るも中国は納得せず、そもそも南シナ海問題とは?

LINEで送る
Pocket

7月12日に公表された南シナ海を巡る仲裁裁判所の判決は、中国側の完敗と言える結果となりました。

中国政府はこの判決に受け入れ拒否を表明したが、習近平指導部には大きな痛手となるでしょう。

さて、今回はこの問題について触れていきたいと思います。

南シナ海問題とは?

そもそもこの問題についてです。

南シナ海は、中国、台湾、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、インドネシア、ベトナムなどに囲まれた海域のことです。石油や天然ガスなどの資源が豊富なことがわかっています。

問題となっているのが領有権です。

インドネシア、中国、ベトナム、マレーシアの各国が領有権を主張しています。豊富な資源を求め、各国が自国のものであると強く主張しているわけですね。ちなみにベトナムは21島、フィリピンは8島の領有権を主張している各国は島に建造物を設置しています。

そこまではいいのですが、問題は中国の行動にありました。

中国はこの海域で最も広い範囲の領有権を主張しています。南シナ海のほぼ全域を囲むU字型の「九段線」が中国の主張する境界です。1947年に当時の中華民国が作成した地図がその根拠となっています。近年では海事関連機関を増強しており、なりふり構わず力ずくで領有権を主張するようになっています。

スポンサードリンク

中国は納得せず

南シナ海のほぼ全域に主権や権益が及ぶとした中国の主張に対し、フィリピンが国連海洋法条約違反などを確認するよう申し立てた仲裁裁判の結果が7月12日に出ました。

オランダ・ハーグの仲裁裁判所は中国が主張の根拠としてきた「九段線」については、フィリピンの主張を認める判決を出しました。

「資源について中国が主張する歴史的権利には法的根拠はない」

とする判決を下しました。

ざっくりいえば国際法で中国の主張が「ダメ」と突きつけられたということです。中国にとっては「全面敗訴」に近い形となりました。今回の判決では、中国の主張する九段線について”南シナ海で中国が独占的な管理をしてきた証拠はない”と断じ、中国の主張を退けました。

しかし、問題もあります。

仲裁判決には上訴が認められず、法的拘束力はあります。判決を強制執行する手段がなく、このため現状では中国の動きを阻止することは不可能です。

ただ、中国が敗訴したことは世界中に広がりました。もしこれで中国が強硬手段に出ようものなら世界中からバッシングされることは確実であり、中国の出方に注目に集まります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る