厚生労働省が2016年度春の大卒就職率を発表、高い数字も景気回復とはいえず

LINEで送る
Pocket

厚生労働両省は5月20日、今春卒業した大学生の就職率を発表しました。

その数字は97.3%で5年連続の上昇となりました。この数字は1996年度の調査開始以来、過去最高になったと発表されました。この数値だけで考えると景気がよくなったと思いがちですが、少子化で若者の数も少なくなってきてるから景気が上向きとは言えないでしょうかね。

とはいえ、喜ばしいデータであることは確かです。

今春の大卒就職率を発表

1997年から計測が開始された大卒就職率。

景気判断のひとつの材料としても使用されているこちらの就職率ですが、当然高いほうが景気がいいとされていますね。

日本ではリーマンショックの影響で近年非常に下がっていました。2011年に最低の数値である91%を記録しましたが、その後では5年間に渡って改善してきました。

そして、2016年の春のデータでは97.3%でした。2008年3月卒である96.9%を上回る結果となりました。

国公私立大学62校の4770人を抽出したものです。就職希望者のうち4月1日時点で就職できた人の割合を調べています。この就職率が改善した理由について、担当者は「景気が良くなって企業側の求人需要が非常に高まっている」と説明しています。

ちなみに男子の就職率は96.7%で、女子は98%でいずれも過去最高となりました。

高校卒業者についても同様の調査が行われ、今春の卒業者約106万人全員を対象に調査しました。男子が98.3%、女子96.8%とこちらも高い水準となりました。

スポンサードリンク

景気回復とはいえず

こちらのデータは日本にとって嬉しいことですが、ちょっと問題点もあります。

しかしこれらのデータだけで単純に「景気回復」といった判断をするのは難しいですね。なぜなら2012~2018年くらいまでは団塊の世代が一斉に抜けます。その為、就職率が高くなることが予想されています。一概に景気判断をするというのは早計ではないでしょうか。

また、非正規雇用の内訳が公表されてないところも曲者です。就職率ですが、この就職率の中には正規だけでなく非正規も含まれています。正社員に的を絞れがさらに低いでしょう。

三つ目の問題としては、データはトップクラスの大学で行われている調査であるという点です。

地方にある「普通の大学」も調査に含めると就職率は下がるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る