台風の渦の巻き方ってどっちなの?日本と海外では違うの?

台風に関する疑問を感じたことがある人も多いでしょう。

台風の渦はどっちの方向に巻いているの?

一見するど別にどっちでもいいと思われるかもしれないですが、気になるところですよね。今回はこちらの疑問について説明していきたいと思います。

 

台風の渦の巻き方

台風の巻き方についてです。

先に結論から書いていきます。

日本は「左巻き」です。

これには「コリオリの力」が関係しています。

コリオリの力とは、球体である地球が自転しているため生じるものです。球体である地球が自転しているため、仮に地球上の2つの同じ物体が静止していたとしても、赤道上にある物体の方が、極地にある物体の方よりも地球の自転方向に大きな速度で運動をしているために生じるものです。

コリオリの力は、北半球では進行方向に対して右向きに働きます。

台風の渦が反時計回りになるのは、風が中心に向かって進む際にこの進行方向右向きのコリオリの力を受けるからですね。ちなみに南半球では、反対向きになります。

日本と海外で違うわけではなく「南半球と北半球」で巻き方が変わります。

余談ですが、日本は赤道より北極側にあるので”北半球”となりますね。

北半球に低気圧があって周りの空気が流れ込むとき、赤道側の空気はもともと「東に向って速く」動いているので、低気圧の中心に真っ直ぐ流れ込もうとしても東側にずれてしまいます。

北極側から流れ込む空気は逆に「東に向って遅く」動いているので西側にずれてしまいます。それぞれ低気圧の中心からずれた空気がまた中心に流れ込もうとするので、上から見ると「左巻き」の渦を作ります。

そういう原理があり、南半球では逆に「右巻き」の渦になります。

 

スポンサードリンク

台風はどうして発生するの?

台風は熱帯地方である北緯5度から20度くらいの海上でもっとも多く発生します。

暖かい海域に接した大気は、気温が上昇すると同時に海面から多量の水蒸気の補給を受けて大気の状態が次第に不安定になります。

そして雲が作られ、雲は背高く成長して積乱雲にまで発達します。雲のできる過程で、水蒸気が水粒に変わります。その時に非常に多くの熱を放出します。その熱がまわりの空気をあたため、上昇気流はさらに強まります。

これが繰り返されていくうちに、小さな渦は大きな渦にまで発達します。

これが熱帯低気圧となりますね。熱帯低気圧が発達すると台風と呼ばれるようになります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る