和田一浩が戦力外で引退へ|今後は監督かコーチか解説者か

LINEで送る
Pocket

中日ドラゴンズの和田一浩選手がナゴヤドーム内で引退会見を開きました。

9月11日には引退することがわかっていましたが、本日9月19日に会見を開きました。

改めてプロ野球界の伝説選手が1人が去ることが残念でならないです。しかし、和田選手は今後もプロ野球に携わるでしょうからグラウンドに戻ってきてほしいですね。

和田一浩が戦力外で引退へ

19日、和田選手はナゴヤドーム内で引退会見を開きました。

スーツ姿が多い引退会見ではめずらしいユニホーム姿で登場し、約30分の会見と取材に応じました。

引退に関してですが、9月の頭に落合GMから「来季は契約しない」旨を告げられたとのことです。この言葉で引退を決めたと表明しています。

和田選手のコメント

「9月の上旬に決まって、なかなか口に出すことができなかったが、今日この日を迎えて自分の口から言えるのでホッとしています。オフに膝の手術をして開幕から2カ月遅れ、思うようにプレーできなかった。一方で、まだまだできるという葛藤の1年だった」

落合GMから契約しない旨を告げられ「その瞬間に決めた。そのときが来たなと思った。自分の中で覚悟していた。毎年、1年1年が勝負と思っていた。中日に3年契約で入ったがその3年でクビと言われたらユニホームを脱ぐつもりだった。ここのユニホームを脱いでほかのチームにという選択肢は8年前から全くなかった」

「本当はあのナゴヤ球場の頃の赤と青のユニホームを着たかった。あのユニホームにあこがれていたので」

こう語っています。

和田選手は岐阜出身で、幼いころからドラゴンズのファンでした。中日で引退することができて満足したという側面もありそうですね。会見では終始笑顔だったことが個人的に嬉しかったです。

プロ19年間の通算成績は2047安打、319本塁打、1079打点、打率3割3厘。

スポンサードリンク

今後について

さて、気になる今後です。

2000本安打を達成し、ドラゴンズの中で中心選手でした。プロ野球界全体でみても生涯打率で3割を超えている打者は非常に珍しく、その成績の高さは他球団のファンも認めるところです。

maxresdefault

今後は監督でもコーチでも召集がありそうですね。

また、愛嬌のあるキャラクターをしているので解説者としても人気が出そうですね。

これだけの成績を残しており、中日のファンということを加味したら妥当なのは監督&コーチに就任することでしょうかね。個人的には立浪監督で打撃コーチが和田選手とか面白そうですけどね。

とはいえ、現状はまだ決まっていない状態です。

来年くらいはゆっくりと休養しながら解説者として活躍するのではないでしょうか。首脳陣に加わるとしたらその後でしょう。

現役生活お疲れさまでした。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る