土用の丑の日”2015年は7月24日と8月5日”の2回あります

土用の丑の日が明日7月24日です。

土用の丑といえば鰻を食べる日ですね。でも、どうして鰻を食べるのか知っている人は意外と少ないですよね。また「土用の丑」という言葉そもそもの意味がわからないという人も結構います。

2015年は2回ある土用の丑の日。

今回は土用の丑についていろいろと触れていきましょう。

土用の丑の日と2015年

この土用なのですが、意外と「土曜日の土曜」と間違っている人がいます。

これは大きな間違いで、ここで使われている土用とは四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、約18日の期間のことですね。そして『土用丑の日』と呼ばれる土用は、 立秋の18日前の期間です。

丑の日というのは十二支のことです。「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」と続く十二支の2番目ですね。

ざっくり言うと18日間ある『土用』の期間のうち、 12日周期で割り当てられている十二支が『丑の日』の日が”土用丑の日”です。確率で言うと18/12になるので、1年に2回来ることもあります。2015年はこの周期に当てはまるので、2回やってきます。

しかし、厳密にはもっと多いですね。

一般的には立秋の前と言いましたが、春でも秋でも冬でも土用の丑の日は存在しています。

2015年の土用の丑の日

春 4月19日

夏 7月24日&8月5日

秋 10月28日

冬 1月13日&1月25日

スポンサードリンク

由来について

さて、日付は理解できた思います。

続いては「どうして土用の丑の日が生まれたのか」について簡単に触れましょう。お気づきの方もいますが、別に土用だからといって鰻を必ず食べるわけではないですし、そもそも丑の日だけが特別な理由もわからないですよね。むしろ十二支の順番で行くのならば”子”から入るわけですし。

この謎を紐解くには江戸時代までさかのぼります。

食べ物に詳しい人はご存じでしょうが、鰻の旬は初冬です。

この時期になると産卵期に入るので食べ物をいっぱい食べ、鰻は脂がのって最高の状態となります。

それは昔からわかっていたことで、夏の時期は鰻があまり売れない時期でした。そこで登場したのが平賀源内です。教科書とかでも出てきた発明王であり、様々な才能を持っていたと言われる天才ですね。

知り合いの鰻売りに相談された源内は「本日は土用の丑の日、鰻の日」と張り紙をはったそうです。

たまたまその日が土用の丑の日だったので、そこに便乗したわけですね。

それまでは特別な日ではなかったのですが、源内のその張り紙で街の人たちはすっかり信じて鰻が飛ぶように売れました。これによって土用の丑の日は鰻を食べることが定着しました。素晴らしい発想ですね。

その後は後付けのように「スタミナがつく」ということになり、今日まで定着することになりました。

余談ですが、そもそも丑の日は頭に「う」のつく食べ物を食べることがいいと言われていたようです。そこに目を付けた源内の発想力の勝利でしょう。とはいえ、夏バテ防止にも実際役立つので鰻を食べてみるのもいいでしょうね。

2015年は7月24日と8月5日ですよ(*’ω’*)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る