外国人参政権の問題点について簡単に説明します

最近、テレビで耳にする機会も増えてきた外国人参政権。

日本で暮らす外国人も少なくなく、そんな彼らにも参政権が必要ではないかという話を聞いたこともあるかもしれません。でも、外国人参政権は大きな問題を持っています。

今回はこの問題点について説明したいと思います。

スポンサードリンク

外国人参政権の問題点

まず、参政権というのは政治に参加する権利ですよね。

その中心はやはり選挙権ではないかと思います。

そこで、外国人参政権について選挙権を例にとってみたいと思います。選挙に参加したことがある方は、選挙と一口に言っても「衆議院議員などを選ぶ国政に関する選挙」と「知事などを選ぶ地方自治に関する選挙」があることをご存知だと思います。

このうち、国政に関する選挙については外国人参政権は認められないとされています。

その理由は憲法です。

日本の憲法は、主権は国民にあるとしています。これは国を動かすのは日本国民であり、日本国民こそ日本という国の在り方を決める権利を持っているという意味です。

そのため、外国人が日本のあり方を左右する選挙には参加することはできません。

これに対して、外国人参政権が問題となるのは地方の参政権です。地方では、その地域の実情に即した動きが求められるので日本国民でなくてもそこに長く定住している外国人に参政権を与えてもいいのではないか?

という議論が長年出ています。

確かに、自分の住んでいる地域のことを自分たちで決めるというのは大切なことですよね。なので、これだけを聞けば外国人の参政権も必要かなとも思えます。しかし問題なのは誰しも自分にとって住みやすい環境を求めるということです。

日本には日本の習慣や文化が根付いています。地方自治の中でも言葉にしなくても暗黙の了解になっていることや実は自然にお互いが譲り合っていることも少なくありません。地方とはいえ政治なのだから明文化することが大事だと思うかもしれませんが、私たちが子どもの頃から当たり前にしていることを文章にしろと言われてもどこからどこまでを書くべきかは簡単に決められることではありません。

そして、外国人にはこの日本の習慣や文化が全く通じないのです。

外国人は外国人でそれぞれの国や宗教の分野や習慣を持ち込もうとします。昔からその地域に住んでいた日本人にとっては想像もつかないようなことをあっさりとやってしまうのです。批判というわけではなく、そういった文化なので意見がぶつかるのは当然だと思います。

そんなトラブルも日常生活の範囲に収まっていれば話し合いや我慢で何とかなります。

ただ、外国人参政権を通して地方自治の中に現れてしまうと、それは私たちの生活に大きな影響を与えます。

選挙とは多数決です。移民を多く受け入れた外国のある都市が、外国人参政権によって都市自体を乗っ取られたような形になってしまったというのも、もう珍しい話ではありません。外国人参政権の一番の問題は、日本でありながら多数決の原理によって日本人ではなく外国人のための政治が行われる危険が大きいということです。

日本で日本人が住みにくくなるという時代が近づく可能性が危惧されています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る