大阪都構想に反対した年齢に疑問を感じる!大阪の未来を高齢者が決めていいの?

大阪都構想が国民投票で否決されました。

しかしこの都構想の投票に関して様々な意見が出ています。

ご存じの方もいるでしょうが、この都構想に賛成と反対した年齢層がはっきりと分かれています。若い世代は賛成票が多く、年齢層が上がるにつれ反対票が増えています。

一部では「未来を決める選挙で老人ばっかりが投票するってどうなの?」という意見がありますね。

今回はこの辺りについてちょっと触れていきましょう。

 

大阪都構想の年齢別投票

まずはこちらの画像をご覧ください。

7eb2ecaf
e8b3d849-s

開票された結果です。

見てわかるように、70代以上の圧倒的反対票がわかると思います。

非常に僅差となった選挙なので「高齢者の投票によって決まった」と見ることができますね。最終的には70代以上だけが反対を上回り、それ以外の年齢ではすべて”賛成”が上回っています。

さらに、投票率も若い世代よりも高齢者のほうが圧倒的に多数でした。

大阪の未来を決める選挙である。

そう認識していた方も多いだけに、様々な意見が出ていますね。確かに未来を決める選挙なのに、高齢者たちの意見で反対となってしまうのは問題があるような気がしますね。

理由についても若干問題がありますね。

反対した者たちの理由をまとめると「老人優遇政策のアピールが少なかった」ことが原因とわかっています。このような原因が判明してきたことでネットでは疑問の声が上がっています。

 

スポンサードリンク

高齢者が未来を決めていいの?

高齢者たちが未来を決めていいのでしょうか。

個人的な見解ですが、私は別に高齢者の方々が悪いとは思っていないです。むしろ、この選挙で注目したいのは”若者が投票しなかった”という点です。

逆にもっと若者が投票しなければならなかったと思いますね。

大阪在住ではないので投票はできないのですが、賛成反対は別にしても投票率が70%にも満たなったことは残念です。将来に直結することなのにあまり考えてないのが、素直に残念でしたね。

ただ、システムにも問題があったのではないでしょうか。

そもそも未来を決める選挙で「20代と70代の一票が同じ」というのは個人的に腑に落ちなかったところです。これでよかったのでしょうかね。

もう少し別の投票ルールを作成してもよかったのでは、と思います。

しかし大阪に暮す方々が決めた意見なのでこれが答えなのでしょうね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る