大阪都構想の最終投票率は約67%に!出口調査では五分だけど結果は?

5月17日の午後8時を迎えました。

大阪市を廃止して5特別区に分割する「大阪都構想」の賛否を問う住民投票がとうとう締め切られましたね。

政令指定都市の廃止か存続かを市民が判断する初の住民投票であり、大阪という日本でも注目を集めている場所だけに府民だけでなく、日本中から熱視線が送られていました。

しかし残念ながら投票率は70%にも届かないは66.83%でした。とはいえ、こちらの投票率はこれまでの大阪の選挙に比べると非常に高い数値となっています。

 

最終投票率について

政令指定都市の廃止か存続かを市民が判断する初の住民投票が実施されました。

この結果には法的拘束力があり、賛成多数なら2017年4月の大阪市廃止が決まります。有権者は日本国籍を持つ20歳以上の大阪市民で、市選挙管理委員会によると人数は約210万4000人とのことです。

最終投票率は66.83%でした。

日本の未来、大阪の未来を決める割には正直物足りない投票率でした。

個人的には70%から80%は最低でもあると想像していただけに残念な数字といえますね。事前の話によると「よく理解できていない」と解答している人が多くおり、大阪都構想自体に興味がなかった人も多くいそうです。

ただ、平成23年の市長選の投票率が60.92%だったことを考えると非常に多くが投票したと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

出口調査では五分

出口調査によるとほぼ五分となっています。

結果はこのようになっています。

賛成51・7%

反対48・3%

互角とみていいでしょう。

5月17日午後10時現在ですが、開票速報を見ると互角ですね。非常に接戦の選挙となっており、結果が出るまでは目が離せない状況となっています。

結果が出るのは深夜です。

大注目ですね。

仮に大接戦であっても1票で勝敗が決します。大阪の眠れない夜は続きそうですね。当初は反対優勢でしたが、最終的に賛成が追い上げてきたといえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る