大阪都構想の賛成派と反対派に意見を聞いてみた|反対派編

大阪都構想の投票がもうすぐですね。

大阪だけでなく日本の未来を決める投票ですが、賛成反対の意見が拮抗している状態が依然として続いています。投票ではかなりぎりぎりの戦いとなるでしょう。

前回の続きで、今回は「反対派」の意見について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

反対派の意見

反対と答えた方の意見を伺っていきましょう。

事前情報では若干の優勢と報道されていますが、まだまだ予断を許さない状況です。反対と答えた人はどのような理由で反対を表明しているのでしょうか。

私は大阪都には反対です

最初に意見を述べておくなら私は反対です。

大阪都構想とは大阪市を廃止し五つの特別区を作るといった考え方でその根本は大阪市のムダをカットする為だといいます。

大阪市より人工が多い横浜市の市職員が大阪市の半分以下で大阪市というのは何かとお金がかかりすぎているということみたいなんですが、私としてはムダな人選費はカットして欲しいと思いますが大阪都にする必要はないのではないかと正直思います。

つまり大阪市から大阪都に変更する為には、地図や道路標識などの表記もすべて変更することになり結構大きな費用がかかるといえます。大阪のムダは是非ともカットして欲しいと思いますが、それと大阪都の考え方は別物だと思うのです。無理にこじつけているように思えてなりません。

大阪都構想は大阪市の財源が大阪府に移管される制度

私は大阪都構想には反対の立場です。

理由は二つあり、一つは今回の選挙の争点である、大阪市の財源を大阪府に移すことです。大阪市の人々の財源が周辺地域に撒かれるわけで、周辺地域の方々には嬉しいと思いますが大阪市にとってはマイナスです。

大阪市とそれ以外の市町村の経済格差は深刻で、何らかの方法で富の再配置は必要ですが、こんな荒っぽいやり方をしなくてももっと穏やかなやり方はたくさんあります。

もう一つの理由は橋下氏の政治能力が著しく低く、たんに借金を大阪市に付け替えただけ等、政治力の低さとずる賢さは不信感を与えるには十分です。

アジテーションで有権者を騙すようなやり方も、とても政治家として褒められたものではないでしょう。

大阪都構想じたいは以前からある構想ですが、橋下氏はこれを悪用して利権を作ろうと必死なのが透けて見えるため、少なくとも今回はパスしたほうが賢明だと思います。

大阪都構想について

全国的に大きな話題となっている「大阪都構想」ですが、何度聞いても内容がよくわかりません。

私の意見としては反対です。内容がよくわからないというのも理由のひとつですが、はじめに聞いた「東京都のように」という考えがイマイチ納得しないのです。

東京都と大阪府は全く違う物だと思います。

二重行政を解消する為にと言われているようですが、都にしなくてもそれはできる事だと思います。トップが変わったからできなくなったというのは言い訳であって、基本となる決めごとをキチンと決める方が先なのではないでしょうか。

財政が不安定になった今では、二重行政もできなくなっているのでは?

と思います。

意識を変える為に体制を変える事も有効だと思いますが、その為に巨額のお金を使うのはどうなのかと思います。

大阪都構想には反対

大阪都構想というのは元弁護士でありタレントだった人の考えです。その人のことは個人的に好きではないので大阪都構想という考えは理解できません。

都は1つあれば十分なのではないかと思います。

大阪という地域はタレントだった人を知事や市長にすることが好きですがそろそろ止めたほうがよいのではないでしょうか。まともな人をトップにしないといつまでたっても良くならないと思います。大阪都構想という考えには反対している人も多いです。

大阪府と大阪市を一緒にしなくても行政の無駄を省く方法は他にもありそうな気がします。

税金の無駄を少しずつ見直していくなどすればわざわざ面倒なことをする必要はありません。個人的な考えですが、もっと他のことに時間を割いてほしいものです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る