大食いをしても太らない理由は?なぜ大食いの人は痩せているの?

今回は素朴な疑問についてです。

最近ではテレビなどで大食い選手権を見ていると、痩せており、スリムな女性など見た目では大食いに見えない人が多いです。

タレントの”ギャル曽根”さん、最近では”もえあず”さんなどがまさにそうですよね。

信じられない量を食べているのに全く太っていないどころか、非常にスリムです。

もちろん食べた直後などは太りますが、このような生活をしているのにも関わらず、太っていないという事なのですが、これはやはり多くの人が謎だと思います。

スポンサードリンク

太らない理由は?

その理由は一口に説明するのは難しいです。

消化が早いとか、元々そういう体質だとか、恐らくですが色々な要素が重なった結果として、どれだけ食べても太らないような体質になっているのでしょう。

ではこの色々な要素とはどのような事を言うのでしょうか。

まず一つ目は睡眠時です。

睡眠時にほぼ全裸の状態で寝ると、何も着ていないため、体を締め付ける事が無いのです。そのため睡眠時のカロリーの消費が普通の人よりも多くなります。

実際に上記のようなタレントの方が行っているかは不明ですが、あくまで傾向というか太らない理由です。しかし全裸で寝るとダイエットに効果があるのは本当です。

後は体質で脂肪を燃やすのが早いなどが考えられます。

太る原因は脂肪になるので、大食いの人は生まれ付き、脂肪を燃焼するのが異常に早いというのが1番妥当な考え方なのではないでしょうか。食べた物をかなりの速度で消化して、さらにカロリーをあまり吸収せずに腸に運ぶという状態のため太らない可能性もあります。

ここでまとめましょう。

大食いの人が物凄い量を食べれる理由は胃が拡張する範囲が普通の人の何倍にもなるためで、太らないのは食べた物をすぐに消化して腸まで持っていく時間が早いのと体がカロリーをほぼ吸収しないためという事でしょう。

これが大食いの人が太らない主な要因ではないでしょうか。最初に触れた睡眠については一切関係なくなってしまいましたが(笑)

カロリーを吸収しないというのが特別な体質です。

素直に羨ましいです。好きな物を好きなだけ食べてれて、消化が早いので太らないという完璧な体といえるでしょう。これは、生れつきなのでマネできないでしょうね。大食い選手になろうと努力して体を壊すのはアレなので、努力はしないようにしましょう。

ただ、逆に食べすぎる人にはデメリットもあります。いくらでも食べられてしまうので、ありがたみが普通の方に比べたらちょっと落ちてしまうことがそうですね。

テレビで美味しそうなのはタレントの技術で、実際に大食いの人を見ると凄いペースでバクバクと食べていますね。味わっているのかと不安になる時があります。

実際に味わっているのだとしたら、羨ましい限りですね

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る