夫婦別姓に「賛成・反対」意見を聞いてみた|反対意見編

LINEで送る
Pocket

この記事は前回の賛成編の続きです。

昨今話題となっている夫婦別姓ですが、今回は夫婦別姓に「賛成・反対」の意見を伺いました。その内訳は「賛成4人、反対5人、どちらともいえない1人」でした。

今回は反対と答えた5人の方の意見です。

夫婦別姓に対して賛成する事は出来ないです

最近は女性の地位が向上して来た為か、女性が物を言う事が多くなってきました。確かにこれまで女性は男性に因って、モノを言う事を抑えられてきました。

しかしだからと言って、夫婦別姓はしない方が良いと考えているのです。

何故なら夫婦が別姓では、結婚した意味がないと思うのです。結婚して男女が同じ姓になるからこそ、結婚する意味があると思えます。男性と同じ姓になりたくないのであれば、結婚しなければいいと考えてしまいます。

また役所にしても、夫婦が別の姓では混乱を招きかねず、面倒な事になりかねません。

子どもにしてもお父さんとお母さんが別の姓だと、どちらの姓を名乗っていいか迷う事にもなり、子供を困らせる事につながる恐れがあるのです。女性が権利を主張するのは構いませんが、人を困らせてまでしないでほしいと思います。

夫婦別姓には反対です

夫婦別性については、反対の立場です。

同じ姓だからこそ夫婦であること、家族であることを実感できると思います。もし、夫と妻が別々の姓であったら子供はどちらの姓をとるのか、もめる事も出てくるのではないでしょうか?

私だったら、子供が自分の姓を選んでくれなかったら、ショックに感じることと思います。

また学校の保護者会などで父兄が顔を合わせる時、ご主人は〇〇さん、奥さんは××さん、子供は○○さんと覚えなければならず、頭が混乱するのではないかと思います。さらに、兄弟間の関係についても、それぞれ姓が異なるケースも出てきます。

すると、ますます人間関係がわかりずらくなってしまいます。

夫婦同姓は日本のよき習慣であるため、守るべきだと思います。

夫婦別姓について

現状ではどちらかといえば反対です。

夫婦別姓について思うことは、結婚したのなら同じ苗字にしたほうが良いのではと考えています。私もそうですが、夫婦なのに苗字が違うと何で結婚したのかなと思われてしまうような気がします。

余談ですが、元プリンセスプリンセスの奥居さんは結婚した後に旦那さんの苗字で活動しています。

有名人の場合は旧姓で活動を続けるという人が多いですが、それでも珍しいなと思いました。芸能人は夫婦別姓について理解してくれる人のほうが多いとは思いますが、昔ながらの考え方をしている人も大勢います。なぜ別姓なのかを聞かれたら分かりやすく「うちはこういう考え方なので」と説明すればわかってもらえる社会ならばいいのですが・・・

そうではないですよね。

現状では反対です。

スポンサードリンク

夫婦別姓ってどうなの

結婚して20年になりますが、主人と違う姓のままでいたかったと思ったことはないですね。

名前が変わったということで、主人と結婚したという実感が湧いたのかもしれません。今、この問題がニュースで取り沙汰されてはいますが、誰がどのように不都合があってこのようなことを言い出すのか理解できません。

世界の国々では、別姓を認めるところがほとんどだと言いますが、夫婦が同姓になるということが日本独自の文化だと思ってもいいのではないでしょうか。

夫婦が同姓であろうが別姓であろうが、あまり大した意味はない気がします。

仕事上で不都合がある人は多分そんなにいないのでしょうが、中には旧姓をそのまま使用している人もいます。そんな感じでいい気がします。どちらかといえば夫婦同姓には反対です。

夫婦なら同じ姓の方がいいと思います

ニュースでよく取り上げられている話題なので、ちょっと気になっていました。

インタビューに答えている人によって意見も主張も色々ありますが、私は夫婦別姓にはどちらかというと反対です。理由は、結婚したら姓が変わる人がほとんどなのに一部の人が代えないのはややこしいからです。

結婚するということはやはり姓が変わるのも含んでのものだと思っています。

私は夫の姓になって15年以上経ちますが、今の姓にしっかり馴染んでいます。友達には旧姓で呼ばれることもありますが、それはあだ名のような気がしています。

もちろん旧姓も大切ですが、変わったことで覚悟が出来たような気がします。

反対の人の意見として、馴染めない、免許や書類の氏名変更が大変などがあるようですが、私なら面倒だと思っても言われた通り変更するだろうと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る