子供用リードの使用に「賛成?反対?」意見を聞いてみた|反対派の意見

LINEで送る
Pocket

問題となっている子供用リード問題。

こちらの記事は前回の続きです。今回は10人の方に子供用リードに賛成か、それとも反対かを聞きました。内訳ですが「賛成が4人で、反対が6人」でした。

反対した方はどういった理由だったのでしょうか。

今回は子供用リードの使用に反対と答えた6人の意見です。

子供用リードはどちらかというと反対です

一言で賛成、反対を決めるのは難しいですね。

安全を最優先すれば賛成ですが、子育てとしては反対です。子供が事故に巻き込まれる可能性はどこでもありますが、リードで一定範囲内にしかいられないようになっていれば、親の目が届かなくなるリスクが減ると思います。本来は、親がずっと見張っているのが原則ですが、ちょっと話しかけられたりして視線をはずした瞬間に何か起きてしまった、ということはありえると思います。

そういう時にリードがあって助かることも考えられます。

でもやっぱり、子供の面倒は親がしっかり見ていてあげることが必要だと思います。リードがあるから大丈夫と思ってしまうと、結果的に良くないと思います。子供用リードが必要な状況もあるかもしれませんが、全体的には反対の立場です。

子供用リードには反対

子供用リードには反対です。

見た目がまるでペットを扱っているようだという事もありますが、それだけではなく、子供用リードを使うのならば、子供を放さなければ良いと思います。遊ばせてあげたいという気持ちがあるのであれば大変なのはわかります。ですが、親が子供の後を追っかけて行けば良いだけの話なので、子供用リードは必要ないはずです。

さらに、子供用リードをつけることで、行ってはいけない場所と行っていい場所との区別がつけづらくなると思いますし、子供にとって外で遊ぶのが楽しく感じなくなってしまいます。

ですから、子供用リードを使わずに子供を放すようにした方がいいと私は思います。その方が自分で色々と覚えていくことができるはずです。

子供用リードで招く怪我や事故も考えられる

誘拐などがある世の中では子供の身を守れるのは親だけですが、果たして子供用リードでそれができるのかどうか確信が持てないため、子供用リードには反対です。なぜなら、子供用リードをつけていることで招いてしまう危険性のほうが高いと思うからです。

例えばリードのヒモが電柱などに絡まって身動きが取れなくなってしまったり、親が無理矢理引っ張ったり引っ張っられたりして怪我に結びつくことが予測できます。無論、それで防げるものもあるかもしれませんが、最近では少子化ということもあり親が一人でも子供も一人で見切れないということはないように思えます。

それに子供の心情を思っても、子供用リードがなくても安全に親とお出かけできるようにしてあげることが大切なのではないかと考えます。

スポンサードリンク

手をつなぐ方がいいのでは

実際子供が産まれてから考えたことがあります。

リュック型や羽根型のリードを子供に付けるかどうかです。このころは町でもたまにそうゆう親子を見かけていましたし、実際自分の子供が歩き出すとどこへ行くかわからないしあちこち歩いていくのも危ないなと思っていたからです。

でも結局リードをつけてもつけなくても子供は興味を持った方へ歩いていくものですし、リードを使う対象となっている子供を見てみるとおそらくまだ言葉を理解していないというか3歳ぐらいまでの子だと思うのです。

流石に年少児ぐらいの子にリードをつけられてるのは見たことがないので。3年間子供が物事を理解するまでの間ですので手をつないで手のぬくもりを楽しんだ方がいいと思います。リードは距離感があるのでつまづいたりして結構危険だと思います。

初めて見た時はびっくりした

子供用リードは昔はなかった物です。

子供の数が今より多かった頃でも使っていない物です。私は基本的に反対です。

確かに、チョコチョコと動き回る子供が心配なのはわからなくもないですが、保護者が手をつなぐなりして守るべきです。手と手をつなぐ事によって、スキンシップも生まれるのです。初めて見た時は、びっくりしたのを覚えています。

その時は、確か海外でしたのでこういうものもあるのだという驚きだったと思います。犬などの動物が首輪ではなく、胴体に付けている物と同じだといってもいいくらいです。子供を守るのは親の責任です。スキンシップも兼ねて、是非手をつないで守るべきだと思います。

子供用リードの使用には断固反対します

子供用リードがあるという事をごく最近知りましたが、私はその利用には反対したいと思います。

なぜなら子供は犬や猫などのペットではなく、小さいとはいえ一人の人間なのです。その人間に対して犬や猫みたいにリードをくっつけるというのは、関心が出来ないのです。確かに子供と言うのは、突然予想もできないような行動をとる事がありますので、リードを付けて置きたいと思う気持ちも分からなくはないと言えます。

ですが、子供と言うのは体が小さいですから、親が常に気を配っていればリードなどなくても、幾らでも行動を制限することができるのです。

昨今子供を虐待する親が増えていますが、子供を軽視する風潮がこのようなリードを生み出したのではないかと考えてしまいます。子供は親の私物ではないのですから、一人の人間として大事に扱って欲しいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2016年 9月 01日

    年子 双子 の男の子を育てたらリードを使う理由も解る

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る