安保法案で賛成デモについて|賛成派の声が報道されないのはどうして?

安保法案の波紋が各地に広がっていますね。

有名人がこの法案について発言をするだけで大きな騒ぎとなります。個人的には賛成だろうと反対だろうと意見をバンバンぶつける人たちは好感が持てますね。この法案は日本国民にとって大きな問題なので国民全員が意見を出すというのは正しいことでしょう。

さて、そこで注目したのは「デモ」です。

反対デモは各地で行われていることはメディアで取り上げられていますが、気になるのは「賛成派の方々」です。賛否のあるこの案ですが、メディアが取り上げるのは反対デモばかりですね。もっとも、可決されているので反対デモが目立つのは当然なのですが。

しかし、賛成デモはないのでしょうか?

安保法案で賛成デモは行われていないの?

この問題について書いていきましょう。

繰り返しますが、安保法案については賛否がありました。実際に最初のアンケートでは「賛成」が上回っており、最終的には「反対」が上回りました。

しかし、賛否は最後までありました。現在もいろいろな意見で溢れています。

意見が噛みあっていないので議論には中々ならないのは残念ですが、普段は政治的なことに興味がない若者まで強い関心を持っています。これはいい傾向ですね。

本題の”賛成デモ”についてはすでに行われています。このような感じで。

でも、メディアでは見ないけど?

それがちょっと不思議ですね。

メディアでは取り上げられてはいないのですが、賛成の方々が実際に街頭に立って声を上げたこともあります。こちらは動画サイトで人気の方を中心に行ったようです。

スポンサードリンク

どうして賛成意見は報道されないの?

これが謎ですよね。

メディアを見ると反対派ばかりです。インターネットを回っていたり、アンケートなどでは割合は拮抗しています。それなのにテレビでは「反対派の意見を聞いてみた」というものばかりです。文化人を招いての話し合いも反対派が中心です。

この安保法案については世界中から評価されています。

反対しているのは中国と韓国くらいでしょうかね。

また、国内でも賛成が半分程度いるにも関わらず、そういった報道がされないのは不思議の一言です。どうも「圧倒的に反対している人が多い」という報道のされ方がしているのは気になるところ。

とはいえ、これはすでに法案が通っているから「反対している人の声を忘れないでください」というメッセージなのでしょうかね。この辺りは直接聞いて見ないとわからないのですが、賛成を後押ししている声もあることは事実です。

今後はさらに注目を集めていく話題となるでしょう。

このまま通過していくのか、それとも強い意見で廃案になるのか、どのような結末を迎えていくのか目が離せないですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • K
    • 2015年 9月 16日

    賛成デモが無いのは不思議ですね。
    自分は大賛成ですよ。反対してる人、大きな勘違いをしてますね。
    緊急に法案を通して、南シナカイの中国基地を警戒態勢を取らなくてはいけません。
    日本の石油タンカーが通れなくなるような事態になれば大変な事になります。
    一刻の猶予の有りません。

    法案は日本国を守る為、必要な事であり、時間が有りません。

    • K
    • 2015年 9月 17日

    無駄なデモで、身体壊す前にお家に帰りましょう。
    安部さんは、全国民と、国を守る義務がありますのでご理解下さい。

    中国軍基地の包囲、監視する為など、説明出来る訳ないですからね。
    馬鹿な事言わずに、議員の方は、本来自分のするべき仕事しなさい。
    税金の無駄使いをしない様に。

    • 匿名
    • 2015年 9月 19日

    賛成デモより反対派デモの方が多いからニュースで取り上げられる それだけだ

    例えば芸能ニュースで全然有名じゃない深夜ドラマにしか出てない俳優を取り上げられるか? こんな簡単な事が政治の話になると急にマヒしてマスコミは左翼だとか言っちゃうんだよ そもそもデモはデモでしか無いから政治家と違って公平に賛成派反対派なんてとりあげねーよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る