将来は「都会」と「田舎」のどちらに暮らしたいか意見を聞いてみた~田舎派編~

将来はどこで生活したいか。

それは多くの方が考えていることでしょう。そこで今回は将来を「都会」と「田舎」のどちらで暮らしたいのか意見をうかがいました。老後ではなく、あくまでも将来というざっくりな聞き方をしました。

今回は田舎編です。

家を買うなら

将来家を買うなら、それも近い将来なら、私は程よい地方都市の田舎に住みたいです。庭が少しあって、こどもの学校がそこそこ近くにあって、ピアノを時々弾いても怒られないところが良いのです。

こどもは男の子だから、大きくなれば家を出て独立するでしょうし、夫婦2人で無理なく暮らせる老後を夢みてしまいますね。 中古でも土地付きで、息子が困ったら私たちの亡き後売ってくれてもかまわないし、同居はしないから生きている間は、夫婦でのびのび暮らしたいんです。

私はまだ40代ですが、もう半分の人生を楽しんで過ごしたいです。夫が定年になるまでにできるだけローンを返済してしまいたいし。そう思えば、まだ40代ではなくもう40代なのかもしれませんね。
仲良く過ごせるお家はやはり夢だけに終わらせずに、どんなお家でも自分達で楽しんで作って、そこで生きたいのです。

自分達の親ももう歳になってくると、いろいろありますけれど、自分がしっかりしていないと誰も助けてはあげられないと思うので…。

生涯田舎暮らし希望

田舎と都会の2択だったら、私は田舎で暮らしたいです。

生まれも育ちも田舎なので、田舎暮らしに慣れていることが一番の理由です。 都会はお金を貯めてたまに遊びに行く所という印象があり、それに伴って都会に行くのはイベント的な、またそういった憧れがある所なのでその印象をそのままに持っていたいと思っています。

都会の喧騒は私が住むには向いていないとつくづく思います。

都会は電車が数分置きにくる利点がある反面、満員電車。

それを中学の修学旅行で見てから今でも、都会で電車に乗るたびに、私は都会には住めないなと実感します。 田舎は駅も電車の本数も少ないけれど、運転免許があれば問題ありません。

でも欲を言うならば田舎は田舎でも徒歩県内にスーパーがあるような場所だったらベストだな、という思井はあります。 年をとって運転出来なくなった時を考えると、周りに何もないド田舎は厳しいなと思います。

スポンサードリンク

田舎に住みたい理由

私は将来は田舎で暮らしたいです。

以前都会の方に住んでいたこともありますが、雪が降らないところでした。 現在住んでいるところは田舎なので、冬になると雪がたくさん降ります。

雪が降ると外出も不便で車の運転も恐いですが、私は冬の雪景色が好きです。

雪が降らない冬は秋の延長線上のように思えてしまいます。 子どもの頃は田舎が嫌でしたが、年を重ねると四季を感じられる田舎の魅力も分かってきました。 最近ではドラマや映画の撮影が田舎で行われているものも多く、聖地巡礼で都会からわざわざ田舎に行く人もいます。

田舎の自然には、都会ではつくりだせない美しさがあると思います。

それを見ているだけで癒されます。 将来は落ち着いた場所でのんびりと暮らしたいです。

将来は田舎に住みたいです

将来は田舎暮らしをすることが理想です。

早ければ、子供が小学校に上がる頃にでも移り住みたいです。 理由のひとつは、都会の方が生活費がかかることです。都会は家賃を始めとして物価が高いです。

そして、都会の住居は家賃が高い割にとても狭いです。騒音問題もあります。田舎なら広い日当たりの良い家にのびのびと暮らすことができます。子供も思い切り遊ばすことができ、庭では家庭菜園なども楽しめると思います。
また、教育熱の高さも都会の難点です。小学校や中学校のお受験、塾通いなどが加熱し過ぎです。自分の子供を小さい頃から勉強漬けにはしたくありません。

これらの理由から、田舎暮らしに憧れています。

田舎での就職は難しいと言いますが、都会の人混みの中で時間に追われて生活するよりも、田舎でゆったりとした時間の流れの中で生活できたらいいなと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る