山田哲人が快挙!日本シリーズで史上2人目の3打席連発HR【動画あり】

LINEで送る
Pocket

ヤクルトスワローズの山田哲人選手が快挙を達成しました。

日本シリーズで3打席連発となるホームランを放ちました。

実際に見ていたのですが、すごかったですね。吸い込まれるようにスタンドにインしました。ヤクルトは山田選手の活躍によって勝利を飾りました。

これでソフトバンクとヤクルトの戦いは「ソフトバンク2勝、ヤクルト1勝」となりました。

山田哲人選手が快挙

日本シリーズ第3戦でヤクルト・山田哲人内野手(23)が日本シリーズ史上初となる3打席連続の1試合3本塁打を放ちました。

日本シリーズでの3打席連続本塁打は、1970年に長嶋茂雄選手がロッテ戦で放って以来、史上2人目の快挙となります。しかし1試合での3連発は史上初で、1試合3本塁打も史上初となります。

 

初回にソフトバンク先発の中田投手をとらえ、バックスクリーン左へ飛び込む先制2ランHRを放ちます。3回にも再び中田投手から同じバックスクリーン左へ、勝ち越しとなる本塁打を放ちました。

さらに5回でした。

左翼席へ逆転2ランを放ち、史上2人目となる3打席連続本塁打を成し遂げました。

この活躍で試合も「ヤクルト8-4ソフトバンク」と勝利に大きく貢献しました。

山田選手は今季、レギュラーシーズンでは球団初の「トリプルスリー」を達成しました。ちなみにトリプルスリーとは「3割、30本塁打、30盗塁」のことです。

さらに本塁打王にも輝きました。ここまでポストシーズンで不調でしたが、ここで一気に取り返した格好になります。本拠地で完全復活といったところでしょうかね。

しかし、とてつもない記録が出ました。

緊張感のある日本シリーズで、それも2敗と後がない状態でこの記録です。すさまじい集中力のなせる業といえるでしょう。若きスターの誕生ですね。

ソフトバンクは昨年の日本シリーズ第2戦から続いていたポストシーズンの連勝が「9」でストップし、これで2015年の日本シリーズは面白くなってきたといっていいでしょう。

スポンサードリンク

ねねねの感想

凄い活躍でしたね。

レギュラーシーズンでは素晴らしい活躍でしたが、日本シリーズはこれまで沈黙していました。ところが本拠地に戻った途端に本領発揮です。

史上2人目の記録で、しかもミスターに並ぶ記録とは恐れ入りますね。

新しい伝説的なスターの誕生を目撃しているのかもしれません。山田選手の今後の活躍からは目が離せないですね。もっと信じられないようなことをしてくれそう(笑)

明日以降も楽しみ( ;∀;)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る