年金の受給資格期間が10年に短縮される法案成立|いつから貰えるの?

LINEで送る
Pocket

年金に関する新しい法案が成立しました。

最近では未納者に対しての徴収が厳しくなった年金問題ですが、年金の受給資格期間が10年に短縮される法案が成立されました。

受給資格期間が10年に短縮

従来、年金の受給資格は25年の納付でした。

しかし年金を受け取れない人を減らすために、年金の受給に必要な保険料の納付期間を、25年から10年に短縮する改正年金機能強化法が11月16日の参議院本会議で全会一致で可決、成立しました。

この改正によって、64万人が新たに支給対象となります。

ちなみに基礎年金の受給額は納付期間が25年間で「月額およそ4万円」ですが、10年間では「月額およそ1万6,000円」となる見込みです。この短縮は、消費税率の10%への引き上げ時に行う予定だったが、無年金者を減らすために安倍首相が先行して導入する方針を表明していた。

スポンサードリンク

狙いは?

狙いについてですが、これは無年金者を減らすためです。

将来年金をもらえない人=無年金者

こちらの短縮は来年8月から施行され、10月以降請求書を提出すれば新たに約64万人が年金を受け取れるようになります。

受給をあきらめていた人も救われるこちらの改正には多くの賛同が集まり、高い評価を得ています。

個人的には年数で区切らないで平等に払った年数に合わせるほうがいいと思うのですが、難しいものですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る